トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧



電子タバコとその使用について〜電子タバコ革命〜

電子タバコとその使用について 〜電子タバコ革命〜


序論

喫煙は、同時に生理学上の欲求を相殺するのに十分な量以上の大量のニコチン「ヒット」を供給し、ほとんどの非喫煙者が数日、数週間以内で喫煙に逆戻りする原因となる。

電子タバコの長期間効力については激しい論争が存続しているものの、膨大な証拠が、喫煙と比較した危害減少の効果はかなりのものである、という事を提唱している。 世界中の数百万人の人々は、既に電子タバコの使用の効果によって、より健康的で快適な生活を送っている。

それなら、これは非常に短い本になるはずだ!

あなたは喫煙から電子タバコの使用に乗り換え、自分を傷つけることを止め、家を臭くすることもなくなり、煙草に年間何千ドルも使うこともなくなる。

これで任務は完了。

ただ、そんなに単純ではないのだ!

本当の意味での喫煙の実行可能な代替への到達は、まさに波乱を起こしている:

最近の電子タバコの国際市場への出現は 、適切なレベルの政府、規制、商業サポートがあれば、事実上喫煙を撲滅する革命を引き起こす可能性がある。

大部分が電池の小型化の進展により推し進められる電子タバコの技術は、人々が喫煙の「習慣」を果たすため、かなり安全で汚染の少ない方法を提供する。

個人レベルでは、電子タバコの使用が初段レベルの本当の喫煙代替方法であり、非喫煙者が、古流の喫煙に伴う触覚や社会的な習慣を複製することを可能にしながら、同時に生理学上の欲求を相殺するのに十分な量以上のかなりのニコチン「ヒット」を供給し、ほとんどの非喫煙者が数日、数週間以内で喫煙に逆戻りする原因となる。

  • 政府は、明らかな公衆衛生への利益と年間250億ドル以上のタバコ税の減少の間で板ばさみになっている。
  • 医療機関では、何百万人もの常習喫煙者の命を救う機会を利用する医師と、喫煙者が(有益な)治療を必要としなくなり、業界が縮小することを恐れている既得の商業上の利益との間で意見が分かれている。
  • 健康教育部門は、「ハードデータが十分でない」「喫煙への入り口」という議論に執着しており、絶えずこれらを急増に対する手動ブレーキとして使用している。
  • 科学界はいつも通り、何についても賛成できないパターンだ!
  • タバコ産業は、喫煙から電子タバコの使用への避けることのできない移行の中、大部分が「賛成派」であるようで、業界での地位を維持するため、大急ぎで電子タバコ技術や会社に投資している。
  • 大部分の機会を逃したと見られる大手の薬品会社は、もうかるニコチン代替療法事業への脅威として、暗黙のうちに電子タバコに反対している。

当局は、対立する事業者にあちらこちらへ引っ張られながら、電子タバコをタバコと分類するか、医薬品とするかについての代わりの姿勢を考慮しているが、実際はどちらにも当てはまらない。

結果として生じる混乱は、議論や反論の混沌とした枝葉の問題であり、それは巨大人口の自由を制限することを脅迫し、間違った方向に進めば喫煙行動における500年前のタバコ導入から、最初の真の革命をぶち壊すことにもなりかねない。

その一方、何百ものメーカーが参戦しており、使い捨て、出来合いの模造タバコから、何十種類ものニコチン入りリキッドが選べる、洗練されたタンクベースのハイ発煙量システムまで販売されている。

使用者数は、爆発的に急増している。米国では、250万人以上が喫煙から電子タバコの使用に乗り換えており、英国やフランスだけでも、それぞれ約100万人が乗り換えている。




鍵となる2つの目標:

第一に、最高の電子タバコシステムを選択・取得する方法、電子タバコの使用への乗り換えに関する総合的な説明、乗り換え後に何を期待するべきかなど、電子タバコの使用と喫煙を比較した時の健康効果に関する(皮肉にも推論的ではあるが)相対的な最新情報を展開する。

第二に、我々の国家の健康を促進するという内容が、信用すべき機関から出てきている、極めて矛盾する情報を暴露する。

現在出回っている科学によると、電子タバコが、何百万人もの人々の喫煙危害減少に今すぐに膨大な(一部によると完全な)貢献をする、ということがはっきり表されている。

自分自身で証拠を読んでみれば、何故誰かが良心的に、現代社会におけるこんなに革命的なパラダイムを邪魔するのか理解しがたいということがわかるだろう。

しかし、それが脅威なのだ!




引用

「見たい人は、学者達が一貫して電子タバコの安全と効果への不安を暴いた研究やメタ解析が数十件存在する。

さらなる研究を求めている場合は、自身が追加の補助金を求めている研究者であることがしばしばである。

絶え間ない確信の追求は、擦傷のリスクが完全に研究されるまで、船に救命胴衣を積まないのと似たようなものだ。

(マイケル・ライアン、E-Lites社長)



ユーザーが人気ブランドの電子タバコを賢く使用すれば、喫煙とは比べ物にならないくらいリスクが低い。

タバコに比べて100倍くらい危険が少なく、服用量の範囲内では、ユーザーがタールや一酸化炭素にさらされることもない。

(ロバート・ウェスト、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン健康心理学教授、タバコ研究長)



従来のタバコは、米国内でのニコチン摂取の80%程度 、病気や死の98%以上を占めている。

この害はニコチンではなく、燃焼により生じる有害生成物が原因となっている。

喫煙者は、リスクの低い無煙タバコ製品に交換することにより、将来のタバコ関連の死のリスクを98%以上減少することができる。

ニコチンのみの医薬品や電子タバコに交換することにより、そのリスクは99.9%減少される。

(ジョエル・L・ニトキン医師、American Association on Public Health Physicians(米国公衆衛生医師学会)議長)



誰もが誠実であるべきであり、誠実であるということは、ただ単に誤解を招くような真実を述べるということではない。

このように、電子タバコの長期使用に関する安全性の科学的証拠がないというのは真実ではあるが、誤解を招く声明である。

現在、そういった声明が医療機関から出され過ぎている。

我々は、これらの製品について可能な限り博識で平衡したことを述べなければならなく、それはつまらないことではない。

(クライブ・ベイツ、元英国喫煙反対運動組織会長)



我々が知らないのは、電子タバコがより安全な代替手段なのか、いつものことであるか、ということである。

プロの看護婦としては、私は後者に賭ける。

(ジャニー・ヒース博士、バージニア大学看護学校看護学教授、課程プログラム副院長)



誰が正しいのか?あなたが決めること!




第1章 電子タバコの使用とは何か?

現在私たちの知る電子タバコは、中国の薬剤師ホン・リク氏が2003年にデザインしたものから始まっている。

ホン・リク氏は言い伝えによると、自身の父親が肺がんで命を失ったことを受け、このデザインを市場に導入した。

デザインは中国の如烟という会社により買収され、現在では電子タバコを製造する会社が中国に何社も存在する。

アトマイザーとニコチン入りリキッド容器が単一ユニットに統合されている最初の「カトマイザー」システムは、英国市場に2007年に登場した。

これが、現在の電子タバコブランドの大部分に使用されている技術である。

現代の電子タバコの要素は、非常にシンプルである。

基本的に、パワフルなミニ電池が熱を作り出す為に使用され、カスタマイザユニットから少量のリキッドを蒸気化させ、それをエアロゾルの発煙量にしたものをユーザーが吸引する。

電子タバコユニットは信頼でき、安く製造することが可能で大部分が使い捨てである。

高品質の素材が製造に使用されているという条件ならば、火事や負傷のリスクはない。漏れや腐食、重大な環境汚染などもない。




現在の技術と今後の見解

電池技術の影響

過去10年間で、電子機器の小型化に最も大きな影響を及ぼしたものは恐らく、電池技術の急成長だろう。

最高の例は携帯電話であり、1990年中期に携帯電話技術が最初に市場に登場した時、全ての携帯電話は車の電池を必要としたため、車載であった。

ノキアが完全な携帯ユニットを初めに発表したが、これは大きくて重い電池に基づき、ハンドセットが横に留められているもので、現場作業員には人気があったものの、携帯と呼ぶには程遠いものであった。

そのすぐ後、現在では「レンガ」と呼ばれる携帯電話をモトローラが発表し、ノキアに比べ小さかったものの、とてもポケットに入るような大きさではなかった。

これら二世代の製品が販売された数年間で、携帯電話電池技術のサイズは60%減少した。

デュラセルやエバー・レディなど大手の電池メーカーは小型乾電池を何年も製造していたものの、これらは懐中電灯やトランジスターラジオなど、低電圧の使用にしか適していなかった。

無線送信機や操作に高熱の部品を要するものに必要な電力量は、これらの電池を早く消耗しすぎ、コストが高すぎた。

コストを抑えるための充電池開発の必要性により、新世代の動力電池の生成を加速した。

この新世代の第一弾はニッケルカドミウム電池であったが、通信サテライト向けの大規模エネルギー貯蔵サブシステムによる需要に応じて、それが急速にニッケル水素電池へと開発された。

80年代後半にニッケル水素電池が登場し、消費者利用に使われ始め、環境に有害すぎるとされた前世代のニッケルカドミウム電池と交換された。

これらの電池タイプは小型化をかなり推し進めることができ、90年代早期までには、早期の電池小型化の例である携帯電話がポケットサイズになり始めていた。

その後リチウムがさらなる小型化を可能にし、現在では、ほぼ何でも可能な段階にある。

もちろん、電子タバコが現実的、実行可能になる前には、形態の限界が電池技術の目標を規定するものであった。

現世代の電子タバコはリチウムイオン電池技術を使用しており、一気に高温を生成するのに必要な高電流を生み出す事ができる。

電子タバコのデューティサイクルは、数秒間の操作を長期間挟んで行うということから、その他の種類の電子機器とは非常に異なり、携帯電話の充電に使用するUSB接続の5V充電器と同一のものにより素早く簡単に充電することができる。

ほとんどの電子タバコ充電器は、コンピューターのUSBポートにつないで充電することもできる。

一般的な電子タバコのユーザーでは、標準電池は最長1日まで持ち、3~4時間で充電が完了する。

電池を2、3個持つことにより、常に使用できる。




電子タバコ用品の種類

大衆市場、市販

電池の品質や性能に変動があるものの、この試作の目的では、すべての電池が同じであるとされる。

従って、異なる電子タバコの種類を比較するにあたり、電池技術について述べることはほとんどない。

プラス面では、E-LitesやNJoyブランドなどの市販電子タバコシステムはすぐに手に入る。

英国では、カトマイザーユニットは通常3~4ポンドで手に入り、通常のタバコ約2パック程度の金額に相当する。

これらのカトマイザーは詰め替え可能だが、そのようにデザインされてはいない。

これらのシステムは簡単で便利であり、おおむね信頼できる。

欠点としては、大量の発煙量を生み出さないため、喉への当たりがタバコの煙ほど強くないため、これらのシステムは比較的「弱い」とされる。

大手ブランドはライトリキッド、ニコチン濃度の最も強いリキッド、メンソールリキッドを提供している。

一部の人はこれらの市販システムから電子タバコの使用を始めるが、喫煙に戻ることを防ぐには効果が十分ではない、と認識する。

喫煙に比べてコストはかなり低いものの、ニコチン入りリキッドベースのシステムに比べるとかなり高めではあるが、便利さではかなり優れている。



プロフェッショナルシステム

本当に満足できる電子タバコの使用には、高度な電子タバコシステムに投資する必要があり、その多くはこの本の巻末にある用品章で紹介されている。

これらは似たタイプの電池を使用し、自動、手動モードがある。

手動電池には小さなスイッチがあり、作動させるにはスイッチが押される。

これは個人の好みであるものの、自動タイプのスイッチは故障しやすいため、手動スイッチの電池が一般的に、信頼度がより高いとされている。

初めはやや不便に見えるかもしれないが、ユーザーはすぐに慣れる。

高度システムの多くは通常「タバコサイズ」だけでなく、さらに高容量の電池も提供し、自宅での使用に向いている。

システムに使用可能なカトマイザーは、主に二種類存在する。

一番目は市販のシステムに似ており、工場で吸収性のあるリント素材に電子タバコニコチン入りリキッドを吸わせている。

加えて多数のメーカーは、ユーザーが自分のニコチン入りリキッドで「エッジドリップ」して詰め替えすることができ、全く同じ様に使用できるカトマイザーを提供している。

これらのカトマイザーは複数回詰め替え可能だが、最終的に「消耗」する。

代わりとして、詰め替え可能な液体のみを含むミニタンクをあらかじめ充填済みのカトマイザーと同じように電池にねじって取り付け、芯のメカニズムによりニコチン入りリキッドを発熱体に配送するものがある。

これらの詰め替えは、ニコチン入りリキッドについてくるドリッパーを使用して簡単にできる。

プラスチックのマウスピースはストッパーの形をしており、ユニットを完全に自己内蔵型で目立たなくする。

ニコチン入りリキッドが使い尽くされた時に「減少」しないため、テストではこれらのミニタンクシステムは通常、一体型のカトマイザーモデルよりもより多くの発煙量と満足できる経験を生み出している。

また、これらには空になった時の利点もあるものの、特に外出時の便宜性にはふさわしくない。

一部のメーカーはさらに大きなタンクを提供し、例としてヘイローシグス(Halo Cigs)のトライトン(Triton)システムは、高容量の電池と併用した場合、長時間自宅使用が可能な相当のユニットとなる。



リキッド(ニコチン入りリキッド)

システムの動力となるリキッドは、ニコチン入りリキッド、Eリキッドと呼ばれる。

何百種類もが市場に出回っており、一つのメーカーから電子タバコシステムを購入したからといって、そのメーカーのニコチン入りリキッドを永遠に使い続ける必要はない。

すべてのメーカーが直売しており、インターネットで注文できる。

伝統的なニコチン入りリキッドはタバコ味で、プロピレングリコール、ニコチン、香料の調合である。

タバコ味だけで何百種類もあり、自分の気に入ったものが見つかるまで色々試してみることが重要である。

一般的なニコチン入りリキッド30mlボトルは約25~30ドルで、普通の消費者による使用では、一ヶ月位持つ。

ほとんどのメーカーが小型の7mlボトルを提供しており、旅行、携帯、低価格でのお試しなどに向いている。

7mlボトルは通常、市販で6ドル程度である。

ニコチン入りリキッドは様々なニコチン濃度で提供されている。

これらはゼロ、非常にマイルド(6m1/mg、0.6%)、極めて強い(24mg/m1、2.4%)、又はそれ以上とあり、長期でどれを使用するかは個人の好みによる。

この本の後部で探究するように、ニコチンは依存を起こす可能性があるが、一般的には比較的害がないとされている。

結果的には、喉での「キャッチ」と味が、今後の好みを決めていく。

味のみを楽しみたい人には、ニコチンなしの種類も出回っている。

タバコ味の他に、非常に多くの味が販売されている。

メンソールは非常に人気が高く、様々なメーカーから色々な種類が出ている。

さらに、フルーツ味、チョコレート、コーヒー、その他無制限の種類のハーブニコチン入りリキッド味が市場に出回っている。

電子タバコ使用者になると、喫煙にはなかった全く新しい世界が切り開かれる。

ニコチン入りリキッド購入の際には、注意することが重要である。

コストの低さからいって、お徳用ニコチン入りリキッドの使用は道理にかなわない。

最近では、中国から輸入されたニコチン入りリキッドの一部の有害問題について議論がおこなわれているが、有害物質の混入事象については、ここ数年信頼のおける報告はされていない。

電子タバコ使用者としての地位を確立した後は、米国製や欧州製の高品質なリキッドがあるため、このような粗悪な一部の中国製品を買う必要はないはずである。

最も人気の高いブランドの一部は、後の部分で紹介する。

市販の既製品カトマイザーの代わりにニコチン入りリキッドを購入することにより、さらなるコスト削減ができることは明らかである?

ヘビーな発煙量(電子タバコ使用者)でも、1日1ドル以上使うことは困難であり、欧米市場の大部分では、電子タバコの使用は従来の喫煙に比べ、コストが15~30%程度である。




電子タバコの将来

電子タバコは比較的最近の発明であるため、ここ数年で技術が大幅に改善されるとみられる。

まず最初に、電池の小型化は常に進展しているため、今後女性などに向いているスリムバージョンなどが出てくることが期待される。

従来の電子タバコは、市場が成長するにつれ、電池がさらに強力になり寿命が伸びていくであろう。

既に様々なサイズや色が出回っているため、今後電子タバコが独自のファッション気風を発展していくことは非常に簡単に見える!

化学者もまた、異なる種類の調合ニコチン入りリキッドを研究し、より多くの発煙量、さらなる味、より効率的なニコチン供給などを提供して一役買っていくであろう。

全ての業界共通のように、使用量が増えるにつれ、コストも下がっていくであろう。

現時点では、電池2つ、充電器、ミニタンク又は市販のカトマイザー5つのスターターキットは通常、50~80ドルくらいである。

追加の電池はブランドにより大体8~15ドル程で、電池数個と充電器を約2つ設置したあとは、コストがかかるのはニコチン入りリキッドのみである。

技術と化学とはかけ離れて、電子タバコ革命を一番推進していくのは社会的受容である。

現時点では、これは比較的新しい現象であり、多くの国で勢いを増しているものの、既得権益団体による反対宣伝により未だ多くの疑惑が存在する。

しかしながら、より多くの人が試して気に入ればより早く足場が固まり、社会的受容が成長する中、研究やマーケティングへの投資の増加が期待できる。

世の中が喫煙に比べ比較的安全な電子タバコの使用を本当の意味で理解すれば、一般に認められていくであろう。

世界がより良い環境となり、何百万人もの人がより健康なライフスタイルを送ることができるようになる。



規制による混乱

様々な国における電子タバコの使用を取り巻く大混乱や困惑の例として、規制の種類の簡単な概観には以下のようなものがある:

現在、最も自由な欧米国家は米国と英国であり、電子タバコの広告、販売、使用に関する制限は存在しない。

英国の電子タバコ使用者は、欧州連合の不合理で矛盾した規制の意見が勢いを強めていることを受け、英国政府が緩和された姿勢を維持することに期待している。

英国は、タバコの危害減少の最先端に立っており、パブ、クラブやレストランにおける喫煙の禁止を早期に導入していた。

米国は、電子タバコを医薬品として、又はタバコとして規制するかについて、連邦政府レベルで行ったり来たりしている。

州政府による決断が迫られ、多くの州が電子タバコの未成年者への販売、公共の場での使用を禁止する法律を導入している。

そういった規制の効能については、また後でこの本で考察するが、それらの規制は若者がタバコを試すことを防ぐためには何も効果がなく、多くの人が健康を害する喫煙の人生へと進んでいくことになる。

地球上で最も喫煙率の高い喫煙大国の1つであるブラジルは、健康上の懸念に関するデータ不足を理由に、電子タバコの販売、輸入、広告を禁止している。

香港は電子タバコを許可しておらず、多額の罰金や懲役刑で脅迫している。逆に、中国では電子タバコに関する規制は何もない!

マレーシアの保健省は、電子タバコは喫煙より更に害があると公言している!

シンガポールでは電子タバコは完全に禁止されている!

制限的な国家のほとんどに共通することは、現在喫煙により失われている命や障害を受けている人の数を全く無視して電子タバコ問題を見ている、ということである。

事実上100%の電子タバコマーケティングが既存の喫煙者に向けられていることは、完全に無視されている!




次のページへ