トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧



Construction

電子タバコの構成

Most electronic cigarettes take an overall cylindrical shape although a wide array of shapes can be found: box, pipe styles etc. First generation electronic cigarettes were usually designed to simulate smoking implements, such as cigarettes or cigars, in their use and appearance. New generation electronic cigarettes often called mods, PVs (personal vaporizer) or APVs (advanced personal vaporizer) have an increased nicotine-dispersal performance, housing higher capacity batteries, and come in various form factors, including metal tubes and boxes. Many electronic cigarettes are composed of standardized replaceable parts that are interchangeable from one brand to the other, while disposable devices combine all components into a single part that is discarded when its liquid is depleted. Common components include a liquid delivery and container system like tanks or cartomizers, an atomizer, and a power source.
ほとんどの電子タバコは、その形状は多岐にわたるものの、総体的には筒状の形状をしている。電子タバコの第一世代はその使用方法や見た目においてシガレットやシガーのような喫煙具の形状を模したものがほとんどであった。新生代の電子タバコはしばしば「mods:モッド」、「PVs」、「APVs」と呼ばれ、ニコチン飛散性能、高いバッテリー容量、金属パーツ(筒や容器)を使用した多彩な構成部品などにおいて向上している。多くの電子タバコは、標準化され置き換え可能なためブランドから他のブランド品に交換できるようになっているパーツから構成されおり、リキッドが枯渇したときに交換できるよう置き換え可能な全てのデバイスが1つに組合せられている。共通パーツはタンク、カトマイザー、アトマイザー、電源のようなリキッド射出と保管の装置を含んでいる。






Atomizer

アトマイザー(噴霧器)

An atomizer generally consists of a small heating element responsible for vaporizing e-liquid, as well as a wicking material that draws liquid in. Along with a battery, the atomizer is the central component of every personal vaporizer. Differences between atomizers cause differences in the ingredients and their concentrations delivered to users, even when the same liquid is used. A small length of resistance wire is coiled around the wicking material and then connected to the positive and negative poles of the device. When activated the resistance wire (or coil) quickly heats up thus creating a vapor from the liquid, which is then inhaled by the user.
アトマイザー(噴霧器)はEリキッドの蒸発を担う小さな発熱体と、リキッドを吸い上げる芯となる素材からなる。 バッテリーとともにすべての電子タバコの中心となるパーツである。アトマイザーの違いは、同じリキッドを使っていても煙の成分と発煙量に違いをもたらす。短い抵抗ワイヤーがウィック(芯)のまわりに巻き付けられており、デバイスの陽極・陰極のに接続されている。抵抗ワイヤー(もしくはコイル)に通電すると瞬時に発熱してリキッドを蒸発させ、ユーザーがこれを吸引する仕組みである。

The electrical resistance of the coil, the voltage output of the device, the airflow of the atomizer and the efficiency of the wick play important roles in the perceived quality of the vapor coming from the atomizer. They also greatly affect the vapor quantity or volume that will be produced by the atomizer.
コイルの電気抵抗、デバイスの電圧、アトマイザーの通気およびウィック(芯)の効率は、アトマイザーが生成する蒸気の質に重要な役割を持っている。それらはアトマイザーが作り出す蒸気の質と量に大きく影響するのである。

Atomizer resistances usually vary from 1.5Ω (ohms) to 3.0Ω from one atomizer to the next but can go as low as 0.1Ω in the most extreme cases of DIY coil building. Coils of lower ohms have increesed vapor production but could present a fire hazard and other dangerous battery failures if the user is not knowledgeable enough about basic electrical principles and how they relate to battery safety.
アトマイザーの抵抗は通常1つのアトマイザーで1.5オームから3.0オームの間であり、DIY(Do it yourself)用コイルのように 0.1オームの超低抵抗のものまである。低抵抗のコイルは蒸気の発生量を増加させるが、もしユーザーが十分な電気的な法則やバッテリーを安全に扱うための知識を持っていない場合には出火の危険性やその他のバッテリー事故を引き起こす可能性がある。

Wicking materials vary greatly from one atomizer to another but silica fibers are the most commonly used in manufactured atomizers. "Rebuildable" or "do it yourself" atomizers can use silica, cotton, rayon, porous ceramic, hemp, bamboo yarn, oxidized stainless steel mesh and even wire rope cables as wicking materials.
ウィック(芯)の素材はアトマイザーによってさまざまだが、製造されるアトマイザーにおいてはシリカファイバー(グラスファイバー)が最もよく使われている。 Rebuildable(リビダブル=組立)もしくはDIY(Do it yourself)アトマイザーでは、シリカ、コットン、レーヨン、多孔質セラミック、麻、竹繊維、酸化ステンレス網、ワイヤーロープケーブルなどがウィック(芯)素材として使われる。

A wide array of atomizers and e-liquid container combinations are available.
多岐にわたるアトマイザーとニコチン入りリキッド容器の組み合わせが利用できる。

Cartomizers

カトマイザー

A "cartomizer" (a portmanteau of cartridge and atomizer) or "carto" consists of an atomizer surrounded by a liquid-soaked poly-foam that acts as an e-liquid holder.
「カートマイザー」(カートリッジとアトマイザーを組み合わせた造語)あるいはニコチン入りリキッド容器とアトマイザーが一体となったものである。

It is usually disposed of once the e-liquid acquires a burnt taste, which is usually due to an activation when the coil is dry or when the cartomizer gets consistently flooded (gurgling) because of sedimentation of the wick.
コイルが乾燥しているときや、カートマイザーに100%のニコチン入りリキッドに浸されているときに起動することにより芯にニコチン入りリキッドが堆積したときに焦げ臭い香りがしたら、カートマイザーは処分します。

Most cartomizers are refillable even if not advertised as such. Cartomizers can be used on their own or in conjunction with a tank that allows more e-liquid capacity.
たいていのカートマイザーのニコチン入りリキッドは詰め替え可能であり、例え、もしそうでないとしてもそのように広告される。カートマイザーは単独で、あるいはもっと多くのニコチン入りリキッドを入れることのできるタンクと共に使用される。

In this case the portmanteau word of "cartotank" has been coined.
この場合「カートタンク」という造語が造り出された。

When used in a tank, the cartomizer is inserted in a plastic, glass or metal tube and holes or slots have to be punched on the sides of the cartomizer to allow liquid to reach the coil.
タンクの中で使用される際は、カートマイザーはプラスチック、ガラス、あるいは金属のチューブに挿入され、そしてニコチン入りリキッドをコイルに導くことができるようにするためにカートマイザーの側面に穴あるいはみぞが開けられなければならない。

Clearomizers

クリアロマイザー

eGo style e-cigarette with a top-coil clearomizer.
上部コイルのクリアロマイザーを伴う独自スタイルの電子タバコ

Silica fibers are hanging down freely inside of the tank, drawing e-liquid by capillary action to the coil that is located directly under the mouthpiece.
シリカ繊維がタンクの内部で自由に垂れ下がり、ニコチン入りリキッドを毛細管作用によってマウスピースのすぐ下に置かれているコイルにくみ上げる。

Clearomizers or "clearos", not unlike cartotanks, use a clear tank in which an atomizer is inserted. Unlike cartotanks, however, no poly-foam material can be found in them.
クリアロマイザーあるいは「クリアロ」は、カートタンクとは異なり、アトマイザーが挿入された透明なタンクを使用する。しかしながら、カートタンクと異なり、多気泡ゴム素材は使用されない。

There are a lot of different wicking systems employed inside of clearomizers to ensure good moistening of the wick without flooding the coil.
コイルをニコチン入りリキッドで充満させることなく、よく芯を湿らせることを確実にするために、クリアトマイザーの内側に使われる、たくさんの異なった芯の働きをするシステムが存在する。

Some rely on gravity to bring the e-liquid to the wick and coil assembly (bottom coil clearomizers for example) whereas others rely on capillary action and to some degree the user agitating the e-liquid while handling the clearomizer (top coil clearomizers). 
あるものは芯とコイルのアセンブリー(例えば下部にコイルがあるクリアトマイザー)にニコチン入りリキッドを運ぶために重力を使うのに対して、他のものは毛細管作用及びある程度使用者がクリアトマイザー(上部にコイルがあるクリアトマイザー)を持っている間にニコチン入りリキッドをかき混ぜることによって実現する。

Rebuildable atomizers (RBA)

組立式アトマイザー

A rebuildable atomizer or an RBA is an atomizer that allows the user to assemble or "build" the wick and coil themselves instead of replacing them by an off-the-shelfatomizer "head".
組立式のアトマイザーあるいはRBAは、いつでも買えるアトマイザーの「先端部分」を置き換える代わりに、使用者が芯とコイルを組み立てるか、あるいはそれら自身を「作る」ことを可能にするアトマイザーである。

They also allow the user to build atomizers at any desired electrical resistance.
それらは同じく、使用者が望むどのような電気抵抗ででもアトマイザーを作ることが可能である

The materials needed to "rebuild" the atomizers are usually much cheaper than the usual prefabricated replaceable wick and coil assemblies destined to clearomizers.
アトマイザーを「再生する」ために必要な材料は、クリアトマイザー向けの通常の組み立て式の交換可能な芯とコイルのアセンブリーより、通常ずっと安い。

These atomizers are divided into three main categories; rebuildable tank atomizers (RTAs), rebuildable dripping atomizers (RDAs), and rebuildable dripping tank atomizers (RDATs).
これらのアトマイザーは3つの主な分類に分けられる。; 組立式タンクアトマイザー(RTAs)、 組立式ドリッピングアトマイザー(RDA)、組立式ドリッピングタンクアトマイザー(RDAT)

Rebuildable tank atomizers (RTAs) are similar to clearomizers in that they use a tank or container to hold and bring liquid to the coil.
組立式タンクアトマイザー(RTAs)は、溶液を収容しコイルに運ぶためにタンクあるいは容器を使用するクリアトマイザーに類似している。

They usually hold significantly more e-liquid than their RDA counterparts.
それらは通常、RDAのそれよりより著しく多くのニコチン入りリキッドを充填できる。

Rebuildable dripping atomizers (RDAs) on the other hand lack the container section and hold very little liquid compared to RTAs, but are usually a lot smaller.
他方、組立式のドリッピングアトマイザー(RDA)は容器の部分が欠けており、そしてRTAと比較して極めて少量の溶液しか収容しないが、通常ずっとより小さい。

They typically consist only of an atomizer "building deck" which can accept one or more coils and a "top cap" to cover the coils where a mouth piece can be attached.
それらは典型的に、1つ以上のコイルとマウスピースがつけられるコイルをカバーするための「トップキャップ」とを収容することができるアトマイザー「組立デッキ」だけでできている。

The user needs to manually keep the atomizer wet by dripping liquid on the bare wick and coil assembly, hence their name.
使用者は、むき出しの芯とコイルアセンブリーの上に液体をしたたらせることによって、手作業でアトマイザーを濡れた状態にしておく必要があり、そのためにそれらの名前が使用されている。

Rebuildable dripping tank atomizers (RDATs) combine features of both RTAs and RDAs.
組立式ドリッピングタンクアトマイザー(RDAT)はRTAとRDAの両方の機能と組み合わせている。

They usually consist of a RDA build deck with a tank over the deck held up by a spring.
それらは通常、バネによって支えられたデッキ上のタンクがついたRDA生成デッキでできている。

The user pushes down on the mouth piece and liquid is then dripped onto the coils. This is unlike a RTA that continuously feeds liquid to the wicks.
使用者はマウスピースを押し下げ、そして溶液がコイル上に滴る。これは芯に連続的に溶液を送り込むRTAとは異なる。

Power

電源

Most portable devices contain a rechargeable battery, which tends to be the largest component of an electronic cigarette.
たいていの携帯装置は電子タバコの大部分を占める部品であることが多い再充電可能な電池を内蔵する。

The battery may contain an electronic airflow sensor whereby activation is triggered simply by drawing breath through the device, while other models employ a power button that must be held during operation.
電池はそれによって単に息を吸い込むことが起動のきっかけとなる電子気流センサーを内蔵するものもあるが、他方、他のモデルは操作中に押さなくてはならない電源ボタンを用いる。

An LED to indicate activation may also be employed.
起動を示す LED が同じく使われている。

Some manufacturers also offer a cigarette pack-shaped portable charging case (PCC), which contains a larger battery capable of charging e-cigarettes.
若干の製造業者が同じく電子タバコを充電することができるより大きなバッテリーを内蔵したタバコのパックの形をした携帯充電ケース(PCC)を提供する。

Devices aimed at more experienced users may sport additional features, such as variable power output and support of a wide range of internal batteries and atomizer configurations and tend to stray away from the cigarette form factor.
より経験豊かな使用者向けの装置は、可変的な電力出力と、広範囲の内部バッテリーとアトマイザーの設定のサポートのような、追加機能を持ち、そしてタバコの形状とはかけ離れた形状となる傾向がある。

Some cheaper devices use a microphone to activate. Other batteries, like Ego type batteries, can use a custom IC to indicate battery status on the included LCD and a button to activate.
若干のもっと安い装置は起動のためにマイクロホンを使う。独自タイプのバッテリーのような、他のバッテリーは、バッテリー状態を液晶ディスプレイに表示するためのカスタムIC及び起動するためのボタンを使用しうる。

Variable power and voltage devices

可変的な電源と電圧装置

PV with variable and regulated power offering battery protection Variable voltage or power personal vaporizers are devices that contain a built in electronic chip that allows the user to adjust the power that goes through the heating element.
電池の保護を提供する可変的な、そして制御された電源つきのPV(パーソナル蒸発器)及び 可変的な電圧あるいは電力のパーソナル蒸発器は、加熱部品に伝えられる電力を使用者が調整することを可能にする組み込み電子チップを内蔵した装置である。

They usually incorporate a LED screen to display various information.
それらはさまざまな情報を表示するために通常 LED 画面を内蔵する。

Variable PVs eliminate the need to replace an atomizer with another one of lower or higherelectrical resistance to change the intensity of the vapor. They also feature voltage regulation and some battery protection.  Some of these devices offer additional features through their menu system such as: atomizer resistance checker, remaining battery voltage, puff counter, activation cut-off etc. Mechanical personal vaporizers
可変的なPVは蒸気の強さを変えるためにアトマイザーをより低いあるいは高い電気抵抗の他のものに置き換える必要がなくなる。それらは同じく電圧制御といくつかの電池保護を特徴とする。これらの装置のいくつかは次のようなメニューシステムを通じて、付加的な機能を提供する。アトマイザー抵抗チェッカー、残電池電圧、呼吸カウンター、起動停止など。

Mechanical personal vaporizers

機械式パーソナル蒸発器

Mechanical PVs or mechanical "mods", often called "mechs" are devices without electronic components and battery protection (apart from vent holes drilled in some mechanical devices) or voltage regulation.
機械式PVあるいは機械式「モッズ」は、しばしば「メクス」と呼ばれ、電子部品、電池保護(若干の 機械式装置にドリルで開けられた通気孔は別として)あるいは電圧制御がない装置である。

Because there is neither protection nor regulation, they will work either way the battery is inserted.
保護と制御がいずれもないために、それらは電池が差し込まれればいずれにしても動作する。

They are activated by spring loaded or opposing magnetic mechanical switches, hence their name.
それらはバネが装填されているか、あるいは反対磁極の機械式スイッチによって作動し、それ故それらの名前がつけられている。

They rely on the natural voltage output of a battery and the material that the mod is made of. They are commonly used with "low resistance" (1.0Ω ~ 0.2Ω) rebuildable atomizers.
それらは電池の自然発生的な電圧出力とモッドが作られている材料によって動作する。 それらは「低い抵抗値」(1.0Ω〜0.2Ω)の再生可能なアトマイザーとともに一般的に使われる。

Seeing that most e-cigarettes containing electronic battery protection will interpret sub ohm resistance coils as a short circuit, thus prohibiting the device from being activated, mechanical mods are among the only devices that will accept such atomizer resistances although more recent (2013) electronic devices offers this possibility as well[citation needed] Since mechanical PVs are unregulated and unprotected, they require special attention on the user's part that other regulated and protected PVs do not need.
電子的電池保護を内蔵しているほとんどの電子タバコは、オーム抵抗コイルを短絡と解釈し、それによって装置が始動することを防止するため、より最近(2013年)の電子装置は同様にこの可能性を示しているが[引用が必要]、機械式モッズはこのようなアトマイザー抵抗装置を使用可能とする唯一の装置である。機械式PVは制御されておらず、そして保護が無いため、他の制御装置がなく、そしてPVでは必要なかった使用者側の特別な注意を必要とする。

Making sure that the battery does not over-discharge and that the atomizer will not require more amperage than what the battery can safely allow are the user's responsibilities. E-liquid
バッテリーが過度に放電しないこと、そしてアトマイザーの消耗により、電池の安全許容以上のアンペア数を必要としないことを確認することは、使用者の責任である。

E-liquid

Eリキッド

E-liquid, e-juice or simply "juice", refers to a liquid solution that produces an aerosol when heated by an atomizer.
ニコチン入りリキッド、 e-ジュースあるいはただ「ジュース」と呼ばれるものは、アトマイザーによって加熱されると噴霧を作り出す液体溶液を意味する。

The main ingredients of e-liquids are usually a mix ofpropylene glycol (PG), vegetable glycerin (VG), and/or polyethylene glycol 400 (PEG400), sometimes with differing levels of alcohol mixed with concentrated or extracted flavorings;
電子タバコリキッドの主な成分は通常プロピレングリコール(PG)と植物性グリセリン(VG)、そして/あるいはポリエチレングリコール400(PEG400)の混合物であり、時々濃縮された、あるいは抽出された香料と混合された、異なったレベルのアルコールが入っている。;

and optionally, a variable concentration of tobacco-derived nicotine. Most e-cigarette liquids contain nicotine, but the level of nicotine is chosen by the consumer. The consumer can even purchase e-liquid that has no nicotine. There is variability in the purity, kinds and concentrations of chemicals used in liquids, and significant variability between labeled content and concentration and actual content and concentration. The solution is often sold in bottles or pre-filled disposable cartridges, or as a kit for consumers to make their own eJuices.
そして選択的に、多様な濃度のタバコによって得られるニコチンが入っている。たいていの電子タバコ溶液がニコチンを含むが、しかしニコチンのレベルは消費者によって選択される。消費者はニコチンを含まない電子タバコリキッドでさえ購入することができる。溶液で使われる化学物質の純度、種類と濃度に可変性があり、そしてラベルに表示された中身と濃度と、実際の内容と濃度の間にはずれがある。溶液はビンあるいは前もって満たされた使い捨てカートリッジで、あるいは消費者が自分で電子タバコ溶液を作るためのキットとしてしばしば販売される。

Components are also available individually and consumers may choose to modify or boost their flavor, nicotine strength, or concentration with various offerings.
部品は個人で入手可能であり、そして消費者は種々の提供されたものを使用して、それらの香り、ニコチンの強さ、あるいは濃度を修正するか、あるいは引き上げることを選択可能である。

Pre-made e-liquids are manufactured with various tobacco, fruit, and other flavors, as well as variable nicotine concentrations (including nicotine-free versions).
事前に作られるニコチン入りリキッドは、可変的なニコチン濃度と同様(ニコチンなしのバージョンを含む)、種々のタバコ、果物、他の香りで生産される。

The standard notation "mg/ml" is often used in labeling for denoting nicotine concentration, and is sometimes shortened to a simple "mg".
標準的な表記方法である「ミリグラム / ミリリットル」はしばしばラベル表示でニコチン濃度を示すために使用され、そして単に「ミリグラム」と時々短縮される。