トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




Peering through the mist: systematic review of what the chemistry of contaminants in electronic cigarettes tells us about health risks.

噴霧された蒸気への注視:電子タバコの汚染物質の化学的性質が、健康リスクについて我々に示すことに対する組織的なレビュー

Burstyn I.

Abstract

要約

BACKGROUND:

背景:

Electronic cigarettes (e-cigarettes) are generally recognized as a safer alternative to combusted tobacco products, but there are conflicting claims about the degree to which these products warrant concern for the health of the vapers (e-cigarette users).
電子タバコ(e-シガレット)は火を使うタバコ製品より安全な選択肢として一般に認識されている。しかし、噴霧吸引者(e-シガレットユーザー)の健康の懸念をどの程度保証できるかについては主張が対立している。

This paper reviews available data on chemistry of aerosols and liquids of electronic cigarettes and compares modeled exposure of vapers with occupational safetystandards.
この論文は電子タバコの噴霧と液体の化学的性質についての入手可能なデータをレビューし、そして 噴霧吸引者のモデル化された曝露を職業上の安全基準と比較する。

METHODS:

方法:

Both peer-reviewed and "grey" literature were accessed and more than 9,000 observations of highly variable quality were extracted.
診療内容審査を経た文献とグレーな文献の両方にアクセスし、そして品質が大きく異なる9,000以上の観察が抽出された。

Comparisons to the most universally recognized workplace exposure standards, Threshold Limit Values (TLVs), were conducted under "worst case" assumptions about both chemical content of aerosol and liquids as well as behavior of vapers.
噴霧吸引者の挙動と同様、噴霧と液体両方の化学的な中身について、「最悪のケース」の仮定の下で、もっとも広く一般に認識された職場での受動喫煙基準、最大許容濃度(TLVs)との比較が行なわれた。

RESULTS:

結果:

There was no evidence of potential for exposures of e-cigarette users to contaminants that are associated with risk to health at a level that would warrant attention if it were an involuntary workplace exposures.
自らの意思によらない職場での受動喫煙である場合、電子タバコ使用者の健康リスクに関連した、注意を必要とするレベルでの汚染物質への曝露の可能性の証拠はなかった。

The vast majority of predicted exposures are << 1% of TLV.
予測された曝露の圧倒的多数は << TLV1%である。

Predicted exposures to acrolein and formaldehyde are typically < 5% TLV.
アクロレインとホルムアルデヒトへの予測される曝露は一般的に < 5% TLVである。

Considering exposure to the aerosol as a mixture of contaminants did not indicate that exceeding half of TLV for mixtures was plausible.
汚染物質の混合物としての噴霧への曝露についての考察によって、混合物のTLV の半分を超えることが確かであるとは示されなかった。

Only exposures to the declared major ingredients--propylene glycol and glycerin--warrant attention because of precautionary nature of TLVs for exposures to hydrocarbons with no established toxicity.
確定した毒性がない炭化水素への曝露に対するTLVの予防的な性質を理由として、申告された主要成分であるプロピレングリコールとグリセリンへの曝露のみに注意することが正当である。

CONCLUSIONS:

結論:

Current state of knowledge about chemistry of liquids and aerosols associated with electronic cigarettes indicates that there is no evidence that vaping produces inhalable exposures to contaminants of the aerosol that would warrant health concerns by the standards that are used to ensure safety of workplaces.
電子タバコに関連するニコチン入りキッドと煙霧の化学的性質についての知識の現在の状態は、噴霧の吸引が噴霧中の汚染物質への吸入可能な曝露を引き起こす証拠は無いこと、職場の安全を保障するために使用されてきた基準によって、健康上の懸念があることを示している。

However, the aerosol generated during vaping as a whole (contaminants plus declared ingredients) creates personal exposures that would justify surveillance of health among exposed persons in conjunction with investigation of means to keep any adverse health effects as low as reasonably achievable.
しかしながら、 噴霧吸引中に発生する噴霧は全体(汚染物質に加え、申告された成分)として、健康上の副作用を合理的に、かつ可能な限り低下させる方法の調査に関連して、受動喫煙をした人々の間での健康の監視を正当化するであろう。

Exposures of bystanders are likely to be orders of magnitude less, and thus pose no apparent concern.
居合わせた人への受動喫煙は、さらに少ない規模であり、そのため、見かけ上の明白な懸念とはならない。