トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




Is there any legal and scientific basis for classifying electronic cigarettes as medications?

電子タバコを薬物療法として分類する法的な、そして科学的な根拠があるか?

Farsalinos KE1, Stimson GV2.

Abstract

要約

The rapid growth in the use of electronic cigarettes has been accompanied by substantial discussions by governments, international organisations, consumers and public health experts about how they might be regulated.
電子タバコ使用の急拡大に付随して、それがどのように規制されうるのかについて、政府、国際組織、消費者と公衆衛生の専門家による多くの議論が行われている。

In the European Union they are currently regulated under consumer legislation but new legislation will regulate them under the Tobacco Products Directive.
欧州連合では、現在それは消費者法のもとで規制されているが、新しい法律がタバコ製品指令の下でそれらを規制するであろう。

However, several countries have sought to regulate them under medicines regulations.
しかしながら、いくつかの国は医薬品規制の下でそれをを規制することを目指した。

These claims have been successfully challenged in 6 court cases in European states.
これらの要求はヨーロッパの州の6つの裁判事件において、規制に成功している。

Under European legislation a product may be deemed to be a medicine by function if it is used in or administered to human beings either with a view to restoring, correcting or modifying physiological functions by exerting a pharmacological, immunological or metabolic action, or to making a medical diagnosis.
ヨーロッパの法律の下では、薬理上、免疫上、あるいは新陳代謝上の作用を及ぼすことによって、生理機能を回復させ、修正し、あるいは緩和すること、あるいは医学的な診断をするという観点で、もしそれが人間に使用され、あるいは投与されるのであれば、作用によって医薬品であるとみなされるかもしれない。

It is a medicine by presentation if it is presented (e.g. by a manufacturer or distributor) as having properties for treating or preventing disease in human beings.
もしそれが(例えば、製造業者あるいは販売者によって)、人間の疾患を治療するか、あるいは予防する性質を持っていると提示されるなら、それは医薬品である。

We assess the legal and scientific basis for the claim that electronic cigarettes should be regulated as medicines.
我々は電子タバコが医薬品として規制されるべきであるという主張に対して、法律と科学に基づいて評価する。

We conclude that they are neither medicine by function nor necessarily by presentation The main reason for their existence is as a harm reduction product in which the liking for and/or dependence on nicotine is maintained, and adoption of use is as a substitute for smoking and not as a smoking cessation product.
我々は、それは作用的にも、また必然的に提示方法によっても、医薬品ではないと結論する。それが存在する主な理由は、ニコチンへの嗜好 及び/あるいは依存が持続する、被害を縮小する製品としてであって、これを採用することは禁煙製品としてではなく、喫煙の代用品としての取り扱いである。

In reality, they are used as consumer products providing pleasure to the user.
実際、それは使用者に喜びを与える消費者製品として使用されている。

They are not used to treat nicotine addiction or other disease, but to enable continued use of nicotine.
それはニコチン中毒あるいは他の疾患を治療するために使用されず、ニコチンの継続的な使用を可能にするために使用される。

Their use is adjusted individually by each consumer according to his or her perceived pleasure and satisfaction.
その使用は、消費者の喜びと満足にしたがって、各々の消費者によって個々に調整される。

Gaps in current regulation regarding safety and quality can be met by tailored regulations.
安全性と品質に関しての現在の規制のずれは、特別に作られた規制によって解決されうる。