トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




E-cigarettes and cancer patients.

電子タバコとがん患者

Cummings KM1, Dresler CM, Field JK, Fox J, Gritz ER, Hanna NH, Ikeda N, Jassem J, Mulshine JL, Peters MJ, Yamaguchi NH, Warren G, Zhou C.

Abstract

要約

The increasing popularity and availability of electronic cigarettes (i.e., e-cigarettes) in many countries have promoted debate among health professionals as to what to recommend to their patients who might be struggling to stop smoking or asking about e-cigarettes.
多くの国における電子タバコ(すなわち、 e-シガレット)の拡大する人気と入手可能性は、禁煙に取り組む、あるいは電子タバコについて尋ねる患者に何を推薦するべきかについて、医療専門家の間での討論を促進させた。

In the absence of evidence-based guidelines for using e-cigarettes for smoking cessation, some health professionals have urged caution about recommending them due to the limited evidence of their safety and efficacy, while others have argued that e-cigarettes are obviously a better alternative to continued cigarettesmoking and should be encouraged.
禁煙のために電子タバコを使うことに対する証拠に基づいたガイドラインが無い状況で、若干の医療専門家はその安全性と有効性の証拠が限られているため、それを推薦することについて警告を促してきた。他方、電子タバコは明らかに継続的な喫煙に代わるより良い選択肢であり、奨励されるべきであると異議が唱えられてきた。

The leadership of the International Association for the Study of Lung Cancer asked the Tobacco Control and Smoking Cessation Committee to formulate a statement on the use of e-cigarettes by cancer patients to help guide clinical practice.
肺がん研究国際協会の指導者層は、タバコ規制及び禁煙委員会に対し、診療を方向付ける助けとするために、がん患者による電子タバコの使用についての声明を明確に述べるように求めた。

Below is this statement, which we will update periodically as new evidence becomes available.
以下がこの声明であり、我々は新しい証拠が入手可能になるにつれて、定期的に更新する。