トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




Electronic cigarettes in North America: history, use, and implications for smoking cessation.

北アメリカにおける電子タバコ:歴史、使用と禁煙との関連

Franck C1, Budlovsky T, Windle SB, Filion KB, Eisenberg MJ.

Abstract

要約

BACKGROUND:

背景:

Designed to mimic the look and feel of tobacco cigarettes, electronic cigarettes (e-cigarettes) may facilitate smoking cessation.
タバコの外見と通常のタバコを喫煙する感覚を真似るようデザインされた電子タバコ(e-シガレット)は、禁煙を促進するかもしれない。

However, the efficacy and safety of e-cigarette use for this purpose remain poorly understood.
しかしながら、この目的のための電子タバコの使用の有効性と安全性の理解は、不完全なままである。

Our objectives were to review the available data on the efficacy and safety of e-cigarettes for smoking cessation and to consider issues relevant to the context in which they are used, including product awareness and regulatory and ethical concerns.
我々の目的は、禁煙のための電子タバコの有効性と安全性の入手可能なデータを再検討し、製品認識と規制上及び倫理上の懸念を含め、それが使われる状況に該当する問題を考慮することである。

METHODS AND RESULTS:

方法と結果:

We systematically searched PubMed for randomized controlled trials and uncontrolled, experimental studies involving e-cigarettes.
我々はPubMed(文献検索サイト)で体系的に、電子タバコを含んでいる無作為化制御試験と、制御されていない実験的研究を検索した。

Included studies were limited to English or French language reports.
そこに含まれる研究は、英語かフランス語のレポートに限定された。

Quality assessment was performed according to the Cochrane Risk of Bias tool.
コクラン バイアス リスク手法に従って、品質査定が行われた。

We identified 169 publications, of which 7 studies were included.
我々は169の出版物を確認し、7つの研究が含まれた。

Studies have concluded that e-cigarettes can help reduce the number of cigarettes smoked and may be as effective for smoking cessation as the nicotine patch.
研究は、電子タバコが喫煙本数の減少の役に立ち、そしてニコチン・パッチと同じぐらい禁煙に対して効果的であるかもしれないと結論した。

Although there is a lack of data concerning the safety and efficacy of e-cigarettes as a smoking cessation therapy, available evidence showed no significant difference in adverse event rates between e-cigarettes and the nicotine patch.
禁煙治療としての電子タバコの安全性と有効性に関するデータが欠如しているが、利用可能な証拠は電子タバコとニコチン・パッチの有害な現象の割合の間に、大きな差異を示さなかった。

E-cigarettes are widely used among smokers attempting to quit.
電子タバコは禁煙を試みている喫煙者の間で広く使われている。

However, significant international variation remains in the regulatory mechanisms governing the sale and distribution of e-cigarettes.
しかしながら、電子タバコの販売と流通を管理する調節機構において、かなりの国際的な差異が残ったままである。

Ethical concerns surround the use of e-cigarettes among minors and their potential to undermine efforts to reduce cigarette smoking.
未成年者の間の電子タバコの使用と喫煙を減らす取り組みに悪影響を及ぼす可能性について、倫理上の懸念がある。

CONCLUSION:

結論:

Given the limited available evidence on the risks and benefits of e-cigarette use, large, randomized, controlled trials are urgently needed to definitively establish their potential for smoking cessation.
電子タバコ使用の危険性と利益に関して、提供される入手可能な証拠は限られており、その禁煙に対する可能性を確立するために、大規模な、無作為抽出された、比較試験が早急に行なわれるべきである。