トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




Electronic Cigarette Awareness, Use History, and Expected Future Use Among Hospitalized Cigarette Smokers.

電子タバコの認識、使用の歴史と、入院している喫煙者間における予想される将来の使用

Harrington KF1, Hull NC2, Akindoju O2, Kim YI3, Hendricks PS4, Kohler C4, Bailey WC2.

Abstract

要約

INTRODUCTION:

序文:

E-cigarette use has surged over the past few years while the debate about the product's safety and efficacy for smoking cessation continues.
禁煙のための製品の安全性と有効性についての討論が続いている間に、電子タバコの使用が過去数年で急上昇した。

Little is known about the characteristics that distinguish users from nonusers; in this study, we aimed to elucidate these characteristics among hospitalized smokers, a heretofore unstudied population.
電子タバコの使用者と非使用者を識別する特徴についてはほとんど知られていない。この研究で、これまで研究されていない集団である、入院している喫煙者の間のこれらの特徴を解明することを目指した。

METHODS:

方法:

Cross-sectional data were collected from cigarette smokers via hospital bedside interviews.
病院の臨床的問診によって、横断的なデータが喫煙者から集められた。

Participants reported e-cigarette use status, reasons for use (if used), e-cigarette advertising exposure, expected likelihood of future e-cigarette use, desire to quit smoking, and demographic characteristics.
参加者は、電子タバコの使用状況、使用理由(使用している場合)、電子タバコ広告を見たり聞いたりした経験、予想される将来の電子タバコ使用の可能性、禁煙の希望、人口統計学上の特徴を報告した。

RESULTS:

結果:

Of the 657 English-speaking hospitalized smokers who provided data, 97% reported awareness of e-cigarettes and 46.4% reported e-cigarette use, with 20% reporting use in the previous 30 days.
データを提供した657人の英語が話せる入院患者の喫煙者について、97%が電子タバコを認識していることを報告し、46.4%が電子タバコの使用を報告した。また20%は過去30日間での使用を報告した。

Previous e-cigarette use was significantly more likely among those who were White (odds ratio [OR] = 4.7; CI = 3.2-6.7), were married/domestic partner (OR = 1.5; CI = 1.0-2.2), had more than a high school education (OR = 1.7; CI = 1.1-2.7), had e-cigarette advertising exposure (OR = 1.6; CI = 1.1-2.4), and were younger (OR = 1.3; CI = 1.1-1.5).
電子タバコの使用割合は、白人(確率比率 [ OR ] = 4.7; CI = 3.2-6.7)、既婚/ 国内の配偶者(OR = 1.5; CI = 1.0-2.2)、高校教育以上(OR = 1.7; CI = 1.1-2.7)、電子タバコ広告を見たり聞いたりした経験者(OR = 1.6; CI = 1.1-2.4)、より若い世代(OR = 1.3; CI = 1.1-1.5)の間で、際立って高いことが予想される。

Expected likelihood of future e-cigarette use was high and positively correlated with desire to quit smoking (Spearman's ρ = .18, p < .0001).
将来の電子タバコの使用についての想定される可能性は、禁煙の希望と関連して高く、また統計学的有意差があった。(スピアマンの順位相関係数 ρ = .18, p < .0001)

CONCLUSIONS:

結論:

Rates of awareness and use of e-cigarettes may be elevated among hospitalized smokers, with more use reported among those who were White, younger, more educated, in a relationship, and exposed to e-cigarette advertising.
電子タバコの認識と使用の割合は、白人、より若い世代、より高い教育を受けた人々、友人が電子タバコを使用している人々、電子タバコの広告を見たり聞いたりした人々の間でよりの多くの使用が報告されており、入院している喫煙者の間で上昇するかもしれない。

The association between desire to quit smoking and expected likelihood of future e-cigarette use suggests that cigarette smokers may perceive e-cigarettes as a useful cessation aid.
禁煙の希望と、予想される将来の電子タバコ使用の可能性の関連性は、喫煙者が電子タバコを有用な禁煙支援方法であると認知するかもしれないことを示唆する。