トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




タバコ代用品としての電子タバコの安全性評価と危険度評価:体系的なレビュー

Farsalinos KE1, Polosa R2.

要約

電子タバコはタバコ被害縮小における最近の進歩である。

それらは喫煙よりも有害性の少ない代用品として販売されている。

近年電子タバコの認識と使用が劇的にに増大し、何百万という人々が現在電子タバコを使用している。

この組織的なレビューは、はっきり立証されている喫煙の破壊的な影響と比較した、電子タバコ使用の潜在的なリスクに関しての既存の実験及び臨床研究を評価する。

現在入手可能な証拠は、電子タバコが喫煙に比べてはるかに有害性の少ない代用品であり、そしてタバコから電子タバコに変更する喫煙者にとって健康上の大きな利点が予想されることを示している。

研究によって適切な品質管理と規格が確立されることにより、電子タバコを喫煙の代用品としてより効果的に、そしてより明確に、そして使用による残る危険性をより可能な限り減少させることを促進するであろう。


Safety evaluation and risk assessment of electronic cigarettes as tobacco cigarette substitutes: a systematic review.

Farsalinos KE1, Polosa R2.

Abstract

Electronic cigarettes are a recent development in tobacco harm reduction.

They are marketed as less harmful alternatives to smoking.

Awareness and use of these devices has grown exponentially in recent years, with millions of people currently using them.

This systematic review appraises existing laboratory and clinical research on the potential risks from electronic cigarette use, compared with the well-established devastating effects of smoking tobacco cigarettes.

Currently available evidence indicates that electronic cigarettes are by far a less harmful alternative to smoking and significant health benefits are expected in smokers who switch from tobacco to electronic cigarettes.

Research will help make electronic cigarettes more effective as smoking substitutes and will better define and further reduce residual risks from use to as low as possible, by establishing appropriate quality control and standards.