トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




岐路に立つ被害の縮小:電子タバコの場合

Maziak W.

要約

電子タバコの最近の人気と若年層への急激な拡大は、被害縮小戦略としてのその役割についての討論に火をつけた。

タバコ規制環境下での被害縮小において、喫煙の抑制にかなりの成功を達成した社会で、特により被害の少ない選択肢をとりうる場合、残された禁煙の方法を選択する喫煙者に対して、禁煙を行なうしかない選択肢は不公平であると主張する。

一方、議論において、それらの安全性と可能性についての証拠の重要な部分が入手できるまで、このような製品を支持することに警告を要求する。これに対して他方は電子タバコについてのすべての疑問に答えられるまで待つことは、独断的な意見に従うことは理不尽であると主張している。

この部分において私は、喫煙者により安全な選択肢を提供するという被害縮小の目的と、商業的に実行可能、かつ電子タバコメーカーが利益を出すという目的の間の、容易に解決できない論争について議論を行なっていくつもりである。


Harm Reduction at the Crossroads: The Case of E-Cigarettes.

Maziak W.

Abstract

The recent popularity of electronic (e)-cigarettes and their rapid uptake by youth has ignited the debate about their role as a harm-reduction strategy.

Harm reduction in the context of tobacco control contends that in societies that have achieved considerable success in curbing smoking, leaving the remaining hard-to-quit smokers with an abstinence-only option is unfair, especially when less-harmful choices are available.

On one side of the debate are those who call for caution in endorsing such products until critical pieces of evidence about their safety and potential become available, whereas the other side argues that waiting until all questions about e-cigarettes are answered is dogma driven.

In this piece, I try to discuss the unresolvable contention between harm-reduction goals of offering safer options to smokers, and those of e-cigarette makers of being commercially viable and profitable.