トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




電子タバコ: 出版された研究の体系的なレビューによる、その有効性と副作用の評価

Gualano MR1, Passi S2, Bert F2, La Torre G3, Scaioli G2, Siliquini R2.

要約

背景:

電子タバコの有効性と副作用(AEs)を調査するために、出版された研究の体系的な調査を行なった。

方法:

電子タバコの有効性(喫煙欲求 及び/また喫煙本数 及び/または禁煙あるいはニコチン禁断症状の減少として)と安全性(自己報告あるいは臨床/実験による副作用)を調査した実験と観察的研究を選択した。

次のサーチエンジンが使われた: PubMed, ISI Web of Knowledge and Cochrane Controlled Trials Register

結果:

最終的に、6つの実験的研究と6つの集団研究が含む。

有効な12カ月の無作為抽出試験で、喫煙の減少が、12週と52週に、それぞれ22.3と10.3%で記録された。(P< 0.001対基線)。

さらに、2つの集団研究が電子タバコの導入後に、タバコの1日当たりの本数の減少(50%から80%まで)を報告した。

「口とのどの炎症」、「吐き気」、「頭痛」と「空咳」が最もしばしば発生が報告された副作用である。

結論:

電子タバコの使用によって喫煙本数と禁断症状を減らすことができる。しかし、副作用については主に短期間の使用に関連した報告しかない。

慢性的に電子タバコ使用する人々を影響を評価するために、長期間の研究が必要である。


Electronic cigarettes: assessing the efficacy and the adverse effects through a systematic review of published studies.

Gualano MR1, Passi S2, Bert F2, La Torre G3, Scaioli G2, Siliquini R2.

Abstract

BACKGROUND:

To investigate the efficacy and the adverse effects (AEs) of the electronic cigarette, we performed a systematic review of published studies.

METHODS:

We selected experimental and observational studies examining the efficacy (as reduction of desire to smoke and/or number of cigarettes smoked and/or quitting or as reduction of nicotine withdrawal symptoms) and the safety of EC (AEs self-reported or clinical/laboratory).

The following search engines were used: PubMed, ISI Web of Knowledge and Cochrane Controlled Trials Register.

RESULTS:

Finally, six experimental studies and six cohort studies were included.

In the prospective 12-month, randomized controlled trial, smoking reduction was documented in 22.3 and 10.3% at Weeks 12 and 52, respectively (P < 0.001 versus baseline).

Moreover, two cohort studies reported a reduction in the number of cigarette/day (from 50 to 80%) after the introduction of the EC.

'Mouth and throat irritation', 'nausea', 'headache' and 'dry cough' were the most frequently AEs reported.

CONCLUSIONS:

The use of the EC can reduce the number of cigarettes smoked and withdrawal symptoms, but the AEs reported are mainly related to a short period of use.

Long-term studies are needed to evaluate the effects of the EC usage after a chronic exposure.