トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




禁煙のための電子タバコの有効性

Orr KK1, Asal NJ2.

要約

目的:

電子タバコ(e- タバコ)による効果的な禁煙を実証すること。

データ情報源:

"e-cigarettes (電子タバコ)"、"electroniccigarettes (電子タバコ)"、"smoking cessation (禁煙)" という検索語を使用して、MEDLINE / PubMed (1946 − 3月2014)の文献調査が行われた。

引用文献のレビューにより、追加的な参考情報が確認された。

研究の選択とデータの抽出:

基準値、偽薬、あるいは禁断症状、喫煙の減少、禁煙を支援する他の薬理学的な手法と比較して、電子タバコの有効性を評価している、すべての英文臨床研究が評価された。

データの統合:

合計6つの臨床研究がレビューに含められた。

少数の研究において、電子タバコが喫煙の欲求 (1日に喫煙されるタバコの本数) と、排出される一酸化炭素レベルを、劇的に減少させた。

ニコチン禁断症状と副作用の症状は様々であった。

最も発生率が高い副作用は吐き気、頭痛、せきと口内やのどの炎症であった。

ニコチン・パッチと比較して、電子タバコの副作用はより少なく、より高い支持を得た。

ほとんどの研究がタバコの使用のかなりの減少を極端に示した。;しかしながら、長期の禁煙は6カ月時点で持続していなかった。

結論:

禁煙に対する、電子タバコの有効性についての証拠は限られている。;しかしながら、治療において喫煙習慣を修正する、あるいはタバコの喫煙本数の減少を支援する余地があるかもしれない。

入手可能な研究によって、喫煙中に喫煙の代わりに、あるいは必要に応じて使用するような、異なった使用方法が提案された。

レビューされた短期研究は少なく、そして必ずしも禁煙禁断症状と結び付けられる指標に対して焦点をあてて評価していない。

長期の安全性は未知であるが、タバコと比較して、成人間の毒性曝露増加に関する懸念について、警鐘がならされている。


Efficacy of Electronic Cigarettes for Smoking Cessation.

Orr KK1, Asal NJ2.

Abstract

OBJECTIVE:

To review data demonstrating effective smoking cessation with electronic cigarettes (e-cigarettes).

DATA SOURCES:

A literature search of MEDLINE/PubMed (1946-March 2014) was performed using the search terms e-cigarettes, electroniccigarettes, and smoking cessation.

Additional references were identified from a review of literature citations.

STUDY SELECTION AND DATA EXTRACTION:

All English-language clinical studies assessing efficacy of e-cigarettes compared with baseline, placebo, or other pharmacological methods to aid in withdrawal symptoms, smoking reduction, or cessation were evaluated.

DATA SYNTHESIS:

A total of 6 clinical studies were included in the review.

In small studies, e-cigarettes significantly decreased desire to smoke, number of cigarettes smoked per day, and exhaled carbon monoxide levels.

Symptoms of nicotine withdrawal and adverse effects were variable.

The most common adverse effects were nausea, headache, cough, and mouth/throat irritation.

Compared with nicotine patches, e-cigarettes were associated with fewer adverse effects and higher adherence.

Most studies showed a significant decrease in cigarette use acutely; however, long-term cessation was not sustained at 6 months.

CONCLUSIONS:

There is limited evidence for the effectiveness of e-cigarettes in smoking cessation; however, there may be a place in therapy to help modify smoking habits or reduce the number of cigarettes smoked.

Studies available provided different administration patterns such as use while smoking, instead of smoking, or as needed.

Short-term studies reviewed were small and did not necessarily evaluate cessation with a focus on parameters associated with cessation withdrawal symptoms.

Though long-term safety is unknown, concerns regarding increased poisoning exposures among adults in comparison with cigarettes are alarming.