トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




特定の吸入毒素の存在についての電子タバコ薬液と噴霧材の評価

Farsalinos KE1, Kistler KA2, Gillman G3, Voudris V4.

要約

序文:

この研究の目的は甘い香りがするニコチン入りリキッドについて、ジアセチル(DA)とアセチルプロピオニル(AP)の存在を評価することである。 これらの化学物質は食料品への使用が承認されているが、吸入された場合は呼吸器系疾患と結び付く。

方法:

全部で159のサンプルが、7つの国の36の製造業者と小売り業者から購入して集められた。

さらに、プロピレングリコールとグリセリンの混合液に、周知のDAとAPの濃厚な香料サンプルを、5%、10%、20%の水準で溶かし、3つの薬液が用意された。

DAとAPの濃度を測定するために、ECから排出される煙が解析された。

結果:

DAとAPはサンプルの74.2%から測定され、もっと多くのサンプルがDAを含んでいた。

薬液と噴霧材から、両方の化学物質が類似の濃度で測定された。

日々の曝露水準の中央値は、DAは56マイクログラム / 日(IQR :26-278マイクログラム / 日)、APは91マイクログラム / 日(IQR :20-432マイクログラム / 日)であった。

その値は職業上の暴露に対する、国立職業保安・健康研究所によって定められた厳格な安全基準よりわずかに低く、そして喫煙と比較してそれぞれ100倍と10倍低かった。; しかしながら、DAを47.3%、APを41.5%含んでいるサンプルは、安全基準より高いレベルで電子タバコユーザーが吸入した。

結論:

DAとAPは甘い香りがするEC薬液に高い割合でみつかり、それらの多くが安全基準より高いレベルで電子タバコユーザーが吸入した。

ニコチン入りリキッドにおけるその存在は、回避可能なリスクであることを意味する。

必ずしも甘い香りをなくすことなく、ニコチン入りリキッドからこれらの危険を排除するために、ニコチン入りリキッド製造業者と香料の供給元によって適切な手段が講じられるべきである。


Evaluation of electronic cigarette liquids and aerosol for the presence of selected inhalation toxins.

Farsalinos KE1, Kistler KA2, Gillman G3, Voudris V4.

Abstract

INTRODUCTION:

The purpose of this study was to evaluate sweet-flavoured electronic cigarette (EC) liquids for the presence of diacetyl (DA) and acetyl propionyl (AP), which are chemicals approved for food use but are associated with respiratory disease when inhaled.

METHODS:

In total, 159 samples were purchased from 36 manufacturers and retailers from 7 countries.

Additionally, three liquids were prepared by dissolving a concentrated flavour sample of known DA and AP levels at 5%, 10% and 20% concentration in a mixture of propylene glycol and glycerol.

Aerosol produced by an EC was analyzed to determine the concentration of DA and AP.

RESULTS:

DA and AP were found in 74.2% of the samples, with more samples containing DA.

Similar concentrations were found in liquid and aerosol for both chemicals.

The median daily exposure levels were 56μg/day (IQR: 26-278μg/day) for DA and 91μg/day (IQR: 20-432μg/day) for AP.

They were slightly lower than the strict NIOSH-defined safety limits for occupational exposure and 100 and 10 times lower compared to smoking respectively; however, 47.3% of DA and 41.5% of AP-containing samples exposed consumers to levels higher than the safety limits.

CONCLUSIONS:

DA and AP were found in a large proportion of sweet-flavoured EC liquids, with many of them exposing users to higher than safetylevels.

Their presence in EC liquids represents an avoidable risk.

Proper measures should be taken by EC liquid manufacturers and flavouring suppliers to eliminate these hazards from the products, without necessarily limiting the availability of sweet flavours.