トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




紙巻タバコを含むタバコ及び電子タバコからの金属微粒子と有機化合物:排出率と受動喫煙の比較

Saffari A1, Daher N, Ruprecht A, De Marco C, Pozzi P, Boffi R, Hamad SH, Shafer MM, Schauer JJ, Westerdahl D, Sioutas C.

要約

近年、通常のタバコ (紙巻タバコを含む) の代替として、電子タバコの人気が増大している。

現在の研究で、 電子タバコと通常のタバコによって生み出される粒子は研究され、そして異なる化学薬品への曝露の程度、及びその排出率が数値化さている。

電子タバコは通常のタバコと比較して、微粒子元素全体への曝露が10倍減少するにもかかわらず、特定の金属(例えば Ni やAg)については依然、電子タバコから高い排出率を示した。

さらなる分析によって、これらの金属の排出については電子タバコ用薬液が原因となっているのではなく、恐らく電子タバコ装置の他の構成成分、あるいは他の電子タバコ内の中にある装置に起因していることを意味している。

電子タバコでは、通常のタバコと比較して、有機化学種についてはより少ない排出率であった。

特筆すべき点としては、通常のタバコでは多環式芳香族炭水化物(パラアミノ馬尿酸)の大きな排出が認められるが、電子タバコからは検出不可能であったことである。

全体的に、Ni、Zn、Ag を例外として電子タバコの消費は、すべての金属と有機化合物への受動喫煙を目だって減少させる結果をもたらす。

電子タバコ製造についての品質管理手順を実行することで、この装置からの金属排出はさらに減少し、その安全性と、関連する健康上の効果を改善するであろう。


Particulate metals and organic compounds from electronic and tobacco-containing cigarettes: comparison of emission rates and secondhand exposure.

Saffari A1, Daher N, Ruprecht A, De Marco C, Pozzi P, Boffi R, Hamad SH, Shafer MM, Schauer JJ, Westerdahl D, Sioutas C.

Abstract

In recent years, electronic cigarettes have gained increasing popularity as alternatives to normal (tobacco-containing) cigarettes.

In the present study, particles generated by e-cigarettes and normal cigarettes have been analyzed and the degree of exposure to different chemical agents and their emission rates were quantified.

Despite the 10-fold decrease in the total exposure to particulate elements in e-cigarettes compared to normal cigarettes, specific metals (e.g. Ni and Ag) still displayed a higher emission rate from e-cigarettes.

Further analysis indicated that the contribution of e-liquid to the emission of these metals is rather minimal, implying that they likely originate from other components of the e-cigarette device or other indoor sources.

Organic species had lower emission rates during e-cigarette consumption compared to normal cigarettes.

Of particular note was the non-detectable emission of polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs) from e-cigarettes, while substantial emission of these species was observed from normal cigarettes.

Overall, with the exception of Ni, Zn, and Ag, the consumption of e-cigarettes resulted in a remarkable decrease in secondhand exposure to all metals and organic compounds.

Implementing quality control protocols on the manufacture of e-cigarettes would further minimize the emission of metals from these devices and improve their safety and associated health effects.