トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




禁煙の理由と禁煙の手助けのための電子タバコの使用

Pokhrel P, Herzog TA.

要約

電子タバコ(e-シガレット)は禁煙の支援としての安全性と有効性が欠如しているにもかかわらず、禁煙のために一般的に使用されている。

現在、喫煙者が他の証明された禁煙の補助と比較して、禁煙の支援のために電子タバコを使う理由は、ほとんど理解されていない。

この研究は、従来のニコチン代替療法(NRT)製品(例えばニコチン入りガム)の使用に対し、禁煙の補助のために電子タバコを使用した禁煙を希望する理由を特定することを目的としている。

横断的な自己報告データが1,988人(M 年齢= 45.1、SD = 13.0; 51.3%が女性)の多民族の、現在、既に喫煙をしている人々から入手された。 彼らは生涯で平均8.5(SD = 18.7)の禁煙を試みたことがあるが、現在は禁煙の試みを行っていなかった。

禁煙を希望する理由について、どの程度禁煙をしたいかという基準によって評価された。

パス解析によって、禁煙の理由の中で、悪臭やお金がかかること、だらしなさといった外因性の理由で「即刻かつ強力な」禁煙を希望するという判断が、禁煙の手助けのための電子タバコを試すことに、際立って関連していることが示唆された。 「健康についての懸念」はNRT(ニコチン代替療法)のみの使用を試みることに関連していることが示唆された。

電子タバコは、健康についての懸念よりもむしろ、喫煙の差し迫った望ましくない結果 (例えば、悪臭、灰、ごみ) のために禁煙を希望する人々に、代替的な「喫煙」経験を提供しているように思われる。

電子タバコ使用の安全性が保証されるなら、電子タバコは、自発的な禁煙を希望しなであろう喫煙者の間で、タバコへの暴露を減らすために効果的に使われるかもしれない。


Reasons for Quitting Cigarette Smoking and Electronic Cigarette Use for Cessation Help.

Pokhrel P, Herzog TA.

Abstract

Despite the lack of clarity regarding their safety and efficacy as smoking cessation aids, electronic cigarettes (e-cigarettes) are commonly used to quit smoking.

Currently, little is understood about why smokers may use e-cigarettes for help with smoking cessation compared with other, proven cessation aids.

This study aimed to determine the reasons for wanting to quit cigarettes that are associated with the use of e-cigarettes for cessation help versus the use of conventional nicotine replacement therapy (NRT) products (e.g., gums).

Cross-sectional, self-report data were obtained from 1,988 multiethnic current daily smokers (M age = 45.1, SD = 13.0; 51.3% women) who had made an average of 8.5 (SD = 18.7) lifetime quit attempts but were not currently engaged in a cessation attempt.

Reasons for wanting to quit smoking were assessed by using the Reasons for Quitting scale.

Path analyses suggested that among reasons for quitting cigarettes, "immediate reinforcement"-a measure of wanting to quit cigarettes for extrinsic reasons such as bad smell, costliness and untidiness-was significantly associated with having tried e-cigarettes for cessation help, and "concerns about health" was associated with having tried NRT-only use.

E-cigarettes appear to provide an alternative "smoking" experience to individuals who wish to quit cigarette smoking because of the immediate, undesirable consequences of tobacco smoking (e.g., smell, ash, litter) rather than concerns about health.

Provided that the safety of e-cigarette use is ensured, e-cigarettes may be effectively used to reduce tobacco exposure among smokers who may not want to quit cigarettes for intrinsic motivation.