トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




電子タバコと通常のタバコおよび水タバコが発生するエアロゾル(微粒子)の比較

Bertholon JF1, Becquemin MH, Roy M, Roy F, Ledur D, Annesi Maesano I, Dautzenberg B

通常のタバコの煙及び水タバコの煙に関する過去の研究において、我々は気化される粒子のサイズを以下の3つのグループに分けて測定した。

第一のグループは電子タバコを吸引した煙、第二のグループは電子タバコそのものからでてくる煙、第3のグループは電子タバコを吸引した後、吐き出した煙である。

われわれは、ELPIを用いて時間の経過とともに煙の粒子がどのように分散していくのか、粒子の直径の平均値、および分散値を測定した。

これによりわれわれは気管支に沈着する粒子を予測できた。

それに加えて電子タバコから出る煙の微粒子の空気中における半減期を測定し、それにより受動喫煙者に対するリスクを測定した。

同じ機器を用いて我々は水、プロピレングリコール 、フレーバー、ニコチンを含有するニコチン入りリキッド及び含有しないリキッドからなる電子タバコのリキッドを用いて電子タバコから出る煙を測定した。

電子タバコから生成される煙はボランティアの喫煙者による吸引で測定した。

その結果、煙が肺に沈着し得るのは全体の26%でありそのうちの14%は肺胞に到達した

この実験から得られたデータは、電子タバコから排出される煙と通常のタバコから排出される煙が似通っていることを示した。

1番目のグループの粒子の直径はニコチン入りリキッドの場合0.65マイクロメーターで、ニコチンを含まない溶液の場合は0.6マイクロメーターであった。

第3のグループではニコチン入りリキッドを用いた場合の直径は0.34マイクロメーター、ニコチンを含まないリキッドを用いた場合の直径は0.29マイクロメーターであった。

第3のグループの煙の量が半分になる時間(半減期)は11秒であった。

これらの結果により電子タバコからでる気化された煙の直径は通常のタバコ及び水タバコから出る煙の直径よりも大きいことが判明した。

電子タバコから気化された煙は、通常のタバコであれば半減期が19分から20分かかるのに比較して、電子タバコから気化される煙の半減期が11秒と非常に短いため、受動喫煙の危険性は少ないことがわかった。


英語原文 Comparison of the aerosol produced by electronic cigarettes with conventional cigarettes and the shisha. [Article in French]

Bertholon JF1, Becquemin MH, Roy M, Roy F, Ledur D, Annesi Maesano I, Dautzenberg B

In previous studies of the smoke from regular cigarettes and water pipes, we measured aerosol particle sizes in three streams;

S1, inhaled by the smoker, S2, released by the device itself and S3, exhaled by the smoker.

We used an electrostatic low-pressure impactor (ELPI), giving particle size distributions in real time and calculated median diameters, D50, and dispersion (σg).

This allowed us to predict airway deposition.

In addition, the aerosol particle half-life in the air was used as a measure of the risk to others from passive smoking.

With the same equipment, we measured the particle sizes and persistence in air of the liquid aerosol generated by e-cigarettes (Cigarettec) containing water, propylene glycol and flavorings with or without nicotine.

Aerosol generation was triggered by a syringe or by the inspiration of volunteer smokers.

The D50 data obtained in S1, were 0.65 μm with nicotine and 0.60 μm without nicotine.

Deposition in the airways could then be calculated: 26% of the total would deposit, of which 14% would reach the alveoli.

These data are close to those found with regular cigarettes.

For S3, D50 data were 0.34 μm and 0.29 μm with or without nicotine.

The half-life in air of the S3 stream was 11 seconds due to a rapid evaporation.

The-e-cigarette aerosol, as measured here, is made of particles bigger than those of cigarette and water pipe aerosols.

Their deposition in the lung depends on their fate in the airways, which is unknown.

Contrary to tobacco smoke, which has a half-life in air of 19 to 20 minutes, the risk of passive "smoking" exposure from e-cigarettes is modest.