トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




ニコチン入りリキッドを使用する電子タバコの安全性と禁煙の有効性についての検討

Paul Truman Harrell, PhD1
Vani Nath Simmons, PhD1
Vani Nath Simmons, PhD1
Tapan Ashvin Padhya ,MD2
Thomas Henry Brandon, PhD1

要約

背景と目的

喫煙はがん患者の間で頻度が高く、健康を損なう結果となる。
電子タバコの人気と、その使用が急速に拡大している。しかし、個人の禁煙を支援する手段として、その安全性や有効性に関する情報は限られている。

データの情報源

著者は、PubMed (医学・科学についてのWeb) と、補足的に、禁煙を支援する手段としての電子タバコの安全性と使用について出版された過去のデータを調査した。

検討方法

2013年11月まで、既存の文献について調査を実施した。

結果

現在、電子タバコの製品は多様であり、またラベル表示と一致していない場合もある。
従来のタバコと比較して、電子タバコは毒物含有量、細胞毒性、関連する副作用、二次的な毒性曝露が非常に少ないという、有効な証拠がある。
禁煙のための電子タバコの使用についてのデータは示唆に富むが、最終的な結論は出ていない。

結論

臨床医は電子タバコの使用が、特に喫煙者の間で、急速に拡大していることを認識すべきである。
電子タバコは、安全性が未知であり、禁煙に対する有効性が不確実であるが、法的には規制されていない。

患者に対する示唆

これ以上のデータがなく、規則もない状況で、腫瘍学を専門とする医師は電子タバコについての既知の、そして未知の安全性と有効性の情報にについて興味を持っている患者と議論すべきである。
また患者に対しては最初にFDAによって承認された禁煙のための薬物治療を奨励すべきである。


英語原文 Electronic Nicotine Delivery Systems (“E-cigarettes”) Review of Safety and Smoking Cessation Efficacy

1. Paul Truman Harrell, PhD1
2. Vani Nath Simmons, PhD1
3. John Bernard Correa1
4. Tapan Ashvin Padhya, MD2
5. Thomas Henry Brandon, PhD1

Abstract

Background and Objectives

Cigarette smoking is common among cancer patients and is associated with negative outcomes. Electronic nicotine delivery systems (“e-cigarettes”) are rapidly growing in popularity and use, but there is limited information on their safety or effectiveness in helping individuals quit smoking.

Data Sources

The authors searched PubMed, Web of Science, and additional sources for published empirical data on safety and use of electronic cigarettes as an aid to quit smoking.

Review

Methods We conducted a structured search of the current literature up to and including November 2013.

Results

E-cigarettes currently vary widely in their contents and are sometimes inconsistent with labeling. Compared to tobacco cigarettes, available evidence suggests that e-cigarettes are often substantially lower in toxic content, cytotoxicity, associated adverse effects, and secondhand toxicity exposure. Data on the use of e-cigarettes for quitting smoking are suggestive but ultimately inconclusive.

Conclusions

Clinicians are advised to be aware that the use of e-cigarettes, especially among cigarette smokers, is growing rapidly. These devices are unregulated, of unknown safety, and of uncertain benefit in quitting smoking.

Implications for Practice

In the absence of further data or regulation, oncologists are advised to discuss the known and unknown safety and efficacy information on e-cigarettes with interested patients and to encourage patients to first try FDA-approved pharmacotherapies for smoking cessation.