トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




電子タバコ 禁煙に対する有効性はあるか?

Lauren E. Odum, PharmD, BCPS1,
Katie A. O’Dell, PharmD2 and
Jacqueline S. Schepers, PharmD2
薬学管理・調剤学部、薬科大学、University of Missouri, Kansas City, Columbia, MO, USA 2 2University of Missouri, Kansas City, Columbia, MO, USA Abstract

要約

限られた製品をテストした結果、発がん性物質の存在が確認されたこと、また劣悪な製造状態への懸念から、米国食品医薬品局(FDA)によって電子タバコは禁煙支援の目的では認可及び支持されていない。

それにもかかわらず、患者の間では、電子タバコは禁煙支援の方法として人気がある。

液中のニコチンレベルと心拍数に対する電子タバコの影響について少数の研究があるが、影響は無視できる程度であることが明らかになっている。

安全データでは、口と喉の炎症、頭痛、回転性めまいや吐き気といった、主にマイナーな副作用に限定されている。

電子タバコによって患者が喫煙を減らし、あるいは禁煙することに大きな有効性があったという報告を伴う研究があり、電子タバコの有効性が検証されてきた。

しかしながら、これらの多くの研究は電子タバコのウェブサイトでの募集や、客観的なテストというよりはむしろ参加者による自己報告であることから、偏見を伴うものである。

電子タバコの使用によるニコチン欲求について、少数の研究が正式に検証され、さまざまな結果が出ている。

患者は禁煙における電子タバコの使用を支持しているが、より正式な、安全性とその有効性についての研究によって、この製品に禁煙の有効性があるかどうかを見極めなければならない。




Abstract 英語原文

Electronic cigarettes have gained popularity among patients as a smoking cessation aid despite not being approved or supported for this purpose by the United States Food and Drug Administration due to concerns with poor manufacturing practices and the presence of known carcinogens in the limited products that they tested.

A few studies have evaluated the effects of electronic cigarettes on plasma nicotine levels and heart rate but found negligible effects.

Safety data are mainly limited to surveys in which patients report only minor side effects, such as mouth and throat irritation, headache, vertigo, and nausea.

The efficacy of electronic cigarettes has been evaluated in studies in which patients report great success with being able to cut back or stop tobacco cigarette consumption.

However, many of these studies introduce bias due to recruiting on e-cigarette Web sites and having tobacco cigarette use self-reported by the participant rather than objectively tested.

A few studies have formally evaluated nicotine craving when using electronic cigarettes with mixed results.

Although patients support the use of electronic cigarettes in smoking cessation, more formal studies on safety and efficacy should be completed in order to determine whether these products have a role in smoking cessation.