トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




タバコ代替製品における高濃度甘味料及びフレーバー

Miao S(1), Beach ES(2), Sommer TJ(1), Zimmerman JB(3), Jordt SE(4).

Author information:

(1) Department of Chemical and Environmental Engineering, Yale University, New Haven, CT, USA.
(2) Department of Chemical and Environmental Engineering, Yale University, New Haven, CT, USA Yale Tobacco Center of Regulatory Science (TCORS), Department of Psychiatry, Yale School of Medicine, New Haven, CT, USA.
(3) Department of Chemical and Environmental Engineering, Yale University, New Haven, CT, USA School of Forestry and Environmental Studies, Yale University, New Haven, CT, USA.
(4) Yale Tobacco Center of Regulatory Science (TCORS), Department of Psychiatry, Yale School of Medicine, New Haven, CT, USA Department of Anesthesiology, Duke University School of Medicine, Durham, NC, USA sven.jordt@duke.edu.

INTRODUCTION:

タバコ製品に甘味料を添加することは、青少年が使用を開始するためのモチベーションを上昇させる。

最近の研究では、スナッフ(嗅ぎタバコ)のような煙の出ないタバコに、キャンディーやチューイングガムのようなお菓子に添加されている物質が含まれている。

本研究の目的は、煙の出ないタバコや電子タバコリキッドに含まれている甘味料の量を測定し、お菓子に含まれている甘味料との量的な差を比較することである。

METHODS:

無煙タバコ、電子タバコリキッド、及びお菓子に含まれている甘味料(フレーバー)の量は、エレクトロスプレーイオン化質量分析法で測定した。

RESULTS:

すべての無煙タバコ(電子タバコリキッド含む)はお菓子と比較して、約25倍の甘味料(フレーバー)が含有されていた。

すべての嗅ぎタバコには、スクラロース(人工甘味料)、アスパルテーム(人工甘味料)が含まれていたが、サッカリン(有害甘味料)は含まれていなかった。

対照的に、モイストスナッフはサッカリンが含まれていた。

溶解した嗅ぎタバコにはスクラロース及びソルビトールが含まれており、電子タバコリキッドには香料としてエチルマルトールが最も多く含まれていた。

DISCUSSION:

甘味料、香料はカテゴリーにより何が使用されるか異なり、古いタイプのモイストスナッフにはサッカリン、最近のスナッフやそれを溶解したものには高いレベルのスクラロース、電子タバコリキッドにはエチルマルトールが含まれていた。

タバコ成分の有害なフレーバーを吸わないように、消費者が忍耐するためには、かなり高いレベルの甘味料、フレーバーがタバコ代替製品に含まれる必要がある。

煙の出ないタバコに含まれる甘味料、フレーバーの量に対する基準は、それらの製品の魅力や、吸い始める動機や、使用するパターンを修正するためには有効な測定方法であるかもしれない。

IMPLICATIONS:

スナッフや電子タバコリキッドはタバコと比較して、低いレベルのニトロソアミンや低レベルの他の有害物質しか含まないために、健康を害するリスクの低減の目的で販売を推奨されてきた。

この研究はスナッフやその溶解物には高いレベルの甘味料、フレーバーが含まれることを発見した最初の研究である。

この研究はスナッフやその溶解物には一般的なお菓子に含まれるより多量のスクラロースが含まれている。

これらの煙の出ないタバコは、青少年にとって通常のタバコに代わるものとして魅力的である。

煙の出ないタバコに含まれる甘味料、香料の基準は、嗜好性をコントロールし、青少年が通常のタバコの喫煙を開始する機会を低減するために有効な手段である。

High-Intensity Sweeteners in Alternative Tobacco Products.

INTRODUCTION:

Sweeteners in tobacco products may influence use initiation and reinforcement, with special appeal to adolescents.

Recent analytical studies of smokeless tobacco products (snuff, snus, dissolvables) detected flavorants identical to those added to confectionary products such as hard candy and chewing gum.

However, these studies did not determine the levels of sweeteners.

The objective of the present study was to quantify added sweeteners in smokeless tobacco products, a dissolvable product, electronic cigarette liquids and to compare with sweetener levels in confectionary products.

METHODS:

Sweetener content of US-sourced smokeless tobacco, electronic cigarette liquid and confectionary product samples was analyzed by liquid chromatography-electrospray ionization - mass spectrometry (LC-ESI-MS).

RESULTS:

All smokeless products contained synthetic high intensity sweeteners, with snus and dissolvables exceeding levels in confectionary products (as much as 25-fold).

All snus samples contained sucralose and most also aspartame, but nosaccharin.

In contrast, all moist snuff samples contained saccharin.

The dissolvable sample contained sucralose and sorbitol. Ethyl maltol was the most common sweet-associated component in electronic cigarette liquids.

DISCUSSION:

Sweetener content was dependent on product category, with saccharin in moist snuff, an older category, sucralose added at high levels to more recently introduced products (snus, issolvable) and ethyl maltol in electronic cigarette liquid.

The very high sweetener concentrations may be necessary for the consumer to tolerate the otherwise aversive flavors of tobacco ingredients.

Regulation of sweetener levels in smokeless tobacco products may be an effective measure to modify product attractiveness, initiation and use patterns.

IMPLICATIONS:

Dissolvables, snus and electronic cigarettes have been promoted as risk-mitigation products due to their relatively low content of nitrosamines and other tobacco toxicants.

This study is the first to quantify high intensity sweeteners in snus and dissolvable products.

Snus and dissolvables contain the high intensity sweetener, sucralose, at levels higher than in confectionary products.

The high sweetness of alternative tobacco products makes these products attractive to adolescents.

Regulation of sweetener content in non-cigarette products is suggested as an efficient means to control product palatability and to reduce initiation in adolescents.