トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




煙草 vs 電子タバコ:気中浮遊指標化合物および生物指標化合物により測定した、住居での受動暴露

要約

背景:

現存環境における電子タバコからの蒸気や呼気への受動的暴露に関する証拠は乏しい。

本研究の目的は、家庭での現実の使用条件における、非喫煙者間の電子タバコの蒸気および従来型タバコの煙によるニコチンへの受動的暴露を特徴づけることである。

手法:

住居の異なる54人の非喫煙者ボランティアへの観察研究を実施した。

25人が従来型タバコの喫煙者と同居し、5人がニコチン含有電子タバコ使用者と、24人がコントロール住居(従来型タバコも電子タバコも使用しない)に居住する。

住居の気中浮遊ニコチンおよび生物指標化合物(唾液中および尿内のコチニン濃度)を調査した。

幾何平均(GM)および幾何標準偏差(GSD)を計算した。

さらに、分散分析、および対数変換データのための生徒テストも実施した。

ボンフェローニ補正t検定を用いて、多重比較のための家族の誤差率が5%となるようコントロールした。

結果:

気中浮遊ニコチンの幾何平均は喫煙者の住居で0.74μg/m (3) (GSD=4.05)、電子タバコ使用者の住居で0.13μg/m (3) (GSD=2.4)、コントロール住居で0.02μg/m (3) (GSD=3.51)であった。

唾液中コチニンの幾何平均は喫煙者の住居で0.38ng/ml (GSD=2.34)、電子タバコ使用者の住居で0.19ng/ml (GSD=2.17)、コントロール住居で0.07ng/ml (GSD=1.79)であった。

家庭で電子タバコの蒸気に暴露される非喫煙者の唾液中コチニン濃度 (すべての暴露は1日当たり2時間以上)は、通常のタバコ受動喫煙に1日当たり2時間以上暴露される非喫煙、およびコントロール住居の非喫煙者のものと統計的に著しく異なる。

(訳者注:電子タバコの場合が、受動喫煙曝露が最低である)

結論:

気中浮遊指標化合物は、従来型タバコを用いる住居にて、電子タバコを使用する住居よりも統計的に高かった(5.7倍の高さ)。

しかしながら、従来型タバコ、および電子タバコ蒸気に暴露される非喫煙者の生物指標化合物濃度は双方が統計的に類似した(それぞれ2倍、および1.4倍に過ぎない)。

気中浮遊ニコチンおよびコチニン濃度は、電子タバコ使用者の住居でコントロール住居よりも高かった。

これらの結果は、受動的に電子タバコに暴露される非喫煙者はニコチンを吸収することを示している。


Cigarettes vs. e-cigarettes: Passive exposure at home measured by means of airborne marker and biomarkers.

Ballbe M1, Martinez-Sanchez JM2, Sureda X3, Fu M3, Perez-Ortuno R4, Pascual JA5, Salto E6, Fernandez E7.

Abstract

BACKGROUND:

There is scarce evidence about passive exposure to the vapor released or exhaled from electronic cigarettes (e-cigarettes) under real conditions.

The aim of this study is to characterize passive exposure to nicotine from e-cigarettes 'vapor and conventional cigarettes' smoke at home among non-smokers under real-use conditions.

METHODS:

We conducted an observational study with 54 non-smoker volunteers from different homes: 25 living at home with conventional smokers, 5 living with nicotine e-cigarette users, and 24 from control homes (not using conventional cigarettes neither e-cigarettes).

We measured airborne nicotine at home and biomarkers (cotinine in saliva and urine).

We calculated geometric mean (GM) and geometric standard deviations (GSD).

We also performed ANOVA and Student’s t tests for the log-transformed data.

We used Bonferroni-corrected t-tests to control the family error rate for multiple comparisons at 5%.

RESULTS:

The GMs of airborne nicotine were 0.74μg/m (3) (GSD=4.05) in the smokers' homes, 0.13μg/m (3) (GSD=2.4) in the e-cigarettes users' homes, and 0.02μg/m (3) (GSD=3.51) in the control homes.

The GMs of salivary cotinine were 0.38ng/ml (GSD=2.34) in the smokers' homes, 0.19ng/ml (GSD=2.17) in the e-cigarettes users' homes, and 0.07ng/ml (GSD=1.79) in the control homes.

Salivary cotinine concentrations of the non-smokers exposed to e-cigarette's vapor at home (all exposed ≧2h/day) were statistically significant different that those found in non-smokers exposed to second-hand smoke ≧2h/day and in non-smokers from control homes.

CONCLUSIONS:

The airborne markers were statistically higher in conventional cigarette homes than in e-cigarettes homes (5.7 times higher).

However, concentrations of both biomarkers among non-smokers exposed to conventional cigarettes and e-cigarettes' vapor were statistically similar (only 2 and 1.4 times higher, respectively).

The levels of airborne nicotine and cotinine concentrations in the homes with e-cigarette users were higher than control homes (differences statistically significant).

Our results show that non-smokers passively exposed to e-cigarettes absorb nicotine.