トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




タバコ製品およびマリファナの、若年成人の間での既知の害、中毒性、社会的受容性:マリファナ、水タバコ、および電子タバコが勝利。

要約

背景:

近年、若年成人の間で毎日ではない喫煙、代替タバコ製品とマリファナの使用の増加が生じてきている。

目的:

本研究は、若年成人の間におけるタバコ、 葉巻製品、無煙タバコ、水タバコ、電子タバコ、およびマリファナの健康リスク、中毒性、および社会的受容性についての認識、およびそのような認識の相関を調査する。

手法:

2013年の春に、アメリカ合衆国南東部にある2つの大学の10,000人の学生たちに呼びかけ、オンライン調査への回答を得た(2,002人の回答者)。

自分個人の、親の、また友人による各製品の使用、またこれら各製品の健康リスク、中毒性、および社会的受容性についての認識を評価するものである。

結果:

マリファナが、過去1ヶ月に最も一般的に使用された製品で(19.2%)、水タバコが2番目に一般的に使用された(16.4%)。

最も一般使用されていなかったのは無煙タバコ製品(2.6%)、および電子タバコ(4.5%)だった。

製品の高い並行使用率が見られ、とりわけ電子タバコ使用者の間でそうだった。

最も積極的な認識を得ていたのはマリファナで、水タバコと電子タバコが2番目だった。

タバコの使用および関連する社会的要因は、マリファナについての認識への積極的影響に関連を見せた一方、マリファナの使用および関連する社会的要因は、タバコ製品についての認識に何ら関連がなかった。

結論/重要性:

販売促進のために電子タバコおよび水タバコは安全で社会的に受け入れられると述べるマーケティング努力は効果的であるように思われる。

一方、政策変更はマリファナに対する認識と社会規範を変化させているようだ。

新たなタバコ製品とマリファナの健康リスクおよび中毒性を示すための、またそのようなリスクを若者に伝える努力を評価するための研究が必要である。


Perceived harm, addictiveness, and social acceptability of tobacco products and marijuana among young adults: marijuana, hookah, and electronic cigarettes win.

Berg CJ1, Stratton E, Schauer GL, Lewis M, Wang Y, Windle M, Kegler M.

Abstract

BACKGROUND:

There has been an increase in non-daily smoking, alternative tobacco product and marijuana use among young adults in recent years.

OBJECTIVES:

This study examined perceptions of health risks, addictiveness, and social acceptability of cigarettes, cigar products, smokeless tobacco, hookah, electronic cigarettes, and marijuana among young adults and correlates of such perceptions.

METHODS:

In Spring 2013, 10,000 students at two universities in the Southeastern United States were recruited to complete an online survey (2,002 respondents), assessing personal, parental, and peer use of each product; and perceptions of health risks, addictiveness, and social acceptability of each of these products.

RESULTS:

Marijuana was the most commonly used product in the past month (19.2%), with hookah being the second most commonly used (16.4%).

The least commonly used were smokeless tobacco products (2.6%) and electronic cigarettes (4.5%).

There were high rates of concurrent product use, particularly among electronic cigarette users.

The most positively perceived was marijuana, with hookah and electronic cigarettes being second.

While tobacco use and related social factors, related positively, influenced perceptions of marijuana, marijuana use and related social factors were not associated with perceptions of any tobacco product.

Conclusions/Importance:

Marketing efforts to promote electronic cigarettes and hookah to be safe and socially acceptable seem to be effective, while policy changes seem to be altering perceptions of marijuana and related social norms.

Research is needed to document the health risks and addictive nature of emerging tobacco products and marijuana and evaluate efforts to communicate such risks to youth.