トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




電子タバコ使用の開始と中止の理由。

要約

研究の目的は電子タバコ使用の開始、その後の中止の理由を探索することである。

アメリカ合衆国全体の電子タバコ使用経験を持つ成人の3,878人サンプルの間で、試行の最多理由は好奇心(53%)であり、友人や家族が使用していた、彼らから電子タバコをもらった、または勧められた(34%)、そして、禁煙もしくは減煙のため(30%)と続く。

電子タバコ使用を開始した人の3分の2近く(65%)が、後に使用を中止する。

使用中止は、試行の主な理由が好奇心のためであり、目標と関連している人(例:禁煙のため)よりも一般的であった(それぞれ81%と45%、p < 0.001)。

電子タバコ使用中止の最も一般的理由は、ただ試してみただけ(49%)、電子タバコを使用してもタバコ喫煙と同じように感じない(15%)、味が好きではない(14%)である。

この結果は、電子タバコ使用者には2つのカテゴリーがあることを示している。

禁煙目標に関連して試し吸いし、そのまま使用継続する人々と、目標に関連せず好奇心で試し吸いし、そのまま使用中止する人々である。

研究は、電子タバコを試すだけの人々と、動機付けを伴って使用したものの効用または使用体験に関連して中止した人々を区別しなければならない。

電子タバコが効果的な禁煙ツールとなったか禁煙を阻んだかによって、公衆衛生プログラムは、異なるタイプの使用者に伝わり影響を及ぼす、異なる戦略を必要とするかもしれない。


The aim of our study was to explore reasons for starting and then stopping electronic cigarette (e-cigarette) use.

Abstract

Among a national sample of 3878 U.S. adults who reported ever trying e-cigarettes, the most common reasons for trying were curiosity (53%); because a friend or family member used, gave, or offered e-cigarettes (34%); and quitting or reducing smoking (30%).

Nearly two-thirds (65%) of people who started using e-cigarettes later stopped using them.

Discontinuation was more common among those whose main reason for trying was not goal-oriented (e.g., curiosity) than goal-oriented (e.g., quitting smoking) (81% vs. 45%, p < 0.001).

The most common reasons for stopping e-cigarette use were that respondents were just experimenting (49%), using e-cigarettes did not feel like smoking cigarettes (15%), and users did not like the taste (14%).

Our results suggest there are two categories of e-cigarette users: those who try for goal-oriented reasons and typically continue using and those who try for non-goal-oriented reasons and then typically stop using.

Research should distinguish e-cigarette experimenters from motivated users whose decisions to discontinue relate to the utility or experience of use.

Depending on whether e-cigarettes prove to be effective smoking cessation tools or whether they deter cessation, public health programs may need distinct strategies to reach and influence different types of users.