トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




成人喫煙者の集団ベースのサンプルにおける電子タバコ使用の長期的研究:禁煙と禁煙モチベーションの関連

要約

着眼点:

ますます人気の高まる電子タバコは、いまだ訪れないタバコ喫煙の終了のための最も期待できる発展かもしれない。

しかしながら、その使用が禁煙を促進するとの証拠は薄い。

電子タバコ使用が禁煙を増進するか、また/あるいは禁煙や禁煙動機への悪影響があるかどうか調べた。

手法:

アメリカ合衆国の2つのメトロポリタン地域の成人の代表サンプルを新型タバコ製品の使用について2011/2012年に調査した。

2014年に、基準値喫煙者で将来の再接触を許可した1,374人のうちの695人にフォローアップインタビューが行われた(在籍率:51%)。

フォローアップインタビューは回答者の喫煙状況および電子タバコ使用経歴を評価する。

回答者を集中的使用者(電子タバコを毎日、少なくとも1ヶ月間使用)、断続的使用者(定期的ではあるが毎日ではない使用を1ヶ月以上)、無使用者/試行者(電子タバコを最大で1,2度使用)に区分けした。

結果:

フォローアップにおいて、23%は集中的使用者、29%は断続的使用者、18%が1度または2度使用し、30%は電子タバコを試していなかった。

人口統計のためのロジスティック回帰コントロールとタバコ依存は、集中的使用者が、無使用者/試行者の6倍の可能性で禁煙可能と報告したことを示した(OR: 6.07, 95% CI = 1.11, 33.2)。

結論:

電子タバコを毎日、少なくとも1ヶ月間使用することは、フォローアップにおいて禁煙と強い関連があった。

集中的使用と断続的使用を比較し背後の原因をさらに調査するなら、電子タバコ使用、禁煙のモチベーション、および喫煙停止の背後にあるメカニズムに光を当てることになるだろう。


A Longitudinal Study of Electronic Cigarette Use in a Population-Based Sample of Adult Smokers: Association With Smoking Cessation and Motivation to Quit.

Biener L1, Hargraves JL2.

Abstract

AIMS:

Increasingly popular electronic cigarettes (e-cigarettes) may be the most promising development yet to end cigarette smoking.

However, there is sparse evidence that their use promotes cessation.

We investigated whether e-cigarette use increases smoking cessation and/or has a deleterious effect on quitting smoking and motivation to quit.

METHODS:

Representative samples of adults in 2U.S.

metropolitan areas were surveyed in 2011/2012 about their use of novel tobacco products.

In 2014, follow-up interviews were conducted with 695 of the 1,374 baseline cigarette smokers who had agreed to be re-contacted (retention rate: 51%).

The follow-up interview assessed their smoking status and history of electronic cigarette usage.

Respondents were categorized as intensive users (used e-cigarettes daily for at least 1 month), intermittent users (used regularly, but not daily for more than 1 month), and non-users/triers (used e-cigarettes at most once or twice).

RESULTS:

At follow-up, 23% were intensive users, 29% intermittent users, 18% had used once or twice, and 30% had not tried e-cigarettes.

Logistic regression controlling for demographics and tobacco dependence indicated that intensive users of e-cigarettes were 6 times as likely as non-users/triers to report that they quit smoking (OR: 6.07, 95% CI = 1.11, 33.2).

No such relationship was seen for intermittent users.

There was a negative association between intermittent e-cigarette use and one of two indicators of motivation to quit at follow-up.

CONCLUSIONS:

Daily use of electronic cigarettes for at least 1 month is strongly associated with quitting smoking at follow up.

Further investigation of the underlying reasons for intensive versus intermittent use will help shed light on the mechanisms underlying the associations between e-cigarette use, motivation to quit and smoking cessation.