トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




電子タバコは潜在的な疾病による負担を従来型タバコの負担より低減できるか。電子タバコ吸入とタバコ喫煙の比較検討。

要約

目的/仮説:

電子タバコの開発と使用が、従来型タバコのより健康的な代替品の研究と従来型たばこの代替禁煙法の研究の結果として生じている。

この検討では、従来型の喫煙によって引き起こされる潜在的な疾病負担を電子タバコ吸入と比較する。

手法:

電子タバコ吸入による潜在的な疾病による負担と従来型タバコの喫煙によるそれは、吸入成分を測定する臨床研究の検討により評価された。

吸入、および喫煙により生じる化学物質や発がん物質が比較された。

結果:

研究は、電子タバコ吸入は従来型タバコよりはるかに少ない量の発がん物質粒子しか含んでいないことを示した。

電子タバコには従来タバコに比較できる程度の最高血清中コチニン/ニコチンレベルに達する能力があるが、電子タバコは白血球の合計数の上昇をもたらさない。

それゆえ、アテローム性動脈硬化や全身性炎症のリスクを引き下げる潜在性がある。

電子タバコの使用は、従来型たばこに暴露された住居の室内空気の質を向上させることが示された。

これは副流煙への暴露を減少させるので、呼吸器疾患/喘息 中耳の疾患、乳幼児突然死症候群、その他を減少させる潜在性がある。

しかしながら、いくつかの研究はプロピレングリコール(PG)の吸入が呼吸器刺激を誘発し、ぜん息のリスクを高める可能性があると主張している。

リスクを最小にするため、電子タバコ製造業者は吸入製品のプロピレングリコールPGを蒸留水とグリセリンに切り替えている。

結論:

電子タバコと従来型タバコの発がん物質プロファイルの化学物質分析比較、および健康指標パラメータとの関連に基づけば、電子タバコは従来タバコよりも潜在的な疾病負担を低下させる。


Do electronic cigarettes impart a lower potential disease burden than conventional tobacco cigarettes? Review on E-cigarette vapor versus tobacco smoke.

Oh AY1, Kacker A.

Abstract

OBJECTIVES/HYPOTHESIS:

Development and utilization of electronic cigarettes (ECs) resulted from the search for healthier alternatives to conventional tobacco cigarettes (TCs) and the search for alternative methods for quitting TCs.

This review compares the potential disease burden presented by TC smoke to that of EC vapor.

METHODS:

Potential disease burden of EC vapor versus TC smoke was assessed by reviewing clinical studies that measured inhaled components.

Chemicals and carcinogens produced by vapor versus smoke were compared.

RESULTS:

Studies show that EC vapors contain far less carcinogenic particles than TC smoke.

Whereas ECs have the ability to reach peak serum cotinine/nicotine levels comparable to that of TCs, ECs do not cause an increase in total white blood cell count; thus, ECs have the potential to lower the risk of atherosclerosis and systemic inflammation.

Use of ECs has been shown to improve indoor air quality in a home exposed to TC smoke.

This reduces secondhand smoke exposure, thus having the potential to decrease respiratory illness/asthma, middle-ear disease, sudden infant death syndrome, and more.

However, some studies claim that propylene glycol (PG) vapor can induce respiratory irritation and increase chances for asthma.

To minimize risks, EC manufacturers are replacing PG with distilled water and glycerin for vapor production.

CONCLUSION:

Based on the comparison of the chemical analysis of EC and TC carcinogenic profiles and association with health-indicating parameters, ECs impart a lower potential disease burden than conventional TCs.