トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




最初の喫煙行動と自覚的反応は、電子的ニコチン供給システムと従来型タバコで異なる。

要約

背景:

電子的ニコチン供給システム(ENDS)はタバコ規制に新たな問題を提出しており、製品使用行動についてのデータは限られている。

手法:

参加者たち(N = 38 登録者; N = 16 基準適合者) は5日間にわたって3つのラボを訪問し、通常のタバコを72時間断ち、代わりにENDS(51 TRIO - 3 ピース、第一世代11 mg/ml フィルターで喫煙)を使用するよう求められた。

ラボ訪問には呼気中の酸化炭素(CO)および唾液中コチニン濃度の測定、また、72時間の不使用後の通常タバコへの渇望と自覚的製品効果についてのアンケートによる測定が含まれた。

結果:

分析は各製品ごとに著しい違いが、吸入回数、平均吸入量、合計吸入量、および体内吸入インターバルに見られ、ENDSの方が広範により激しい喫煙パターンを示した。

タバコ渇望度は通常タバコの喫煙の後に著しく低下した。

しかし、ENDSではそうならず(p=.001)、自覚的測定においてはENDSを好ましいと感じる程度は比較して低かった。

酸化炭素の上昇はENDS使用の後に著しく減少し(p<.001)、唾液中のコチニンは第1回目の訪問と第3回目の訪問の間、ENDS使用の後に、通常タバコの喫煙に比較して著しく低下した。

基準適合および非適合参加者について、ENDS試行期間中にそれぞれ一日当たり平均82.0% [V1 - 16.1 cpd; V3 - 2.9 cpd] 、および平均73.9% [V1 - 20.3 cpd; V3 - 5.3 cpd] の通常タバコ使用の減少が見られた。

結論:

ENDS(電子タバコ)は自社ブランドのタバコよりも頻繁に喫煙されたが、比較して著しく少量のニコチンしか供給せず、満足感も低かった。

これらの発見は代替タバコとしてのENDS(電子タバコ)の実現可能性を示唆するものである。


Initial puffing behaviors and subjective responses differ between an electronic nicotine delivery system and traditional cigarettes.

Norton KJ1, June KM1, O'Connor RJ1.

Abstract

BACKGROUND:

Electronic nicotine delivery systems (ENDS) present an emerging issue for tobacco control and data on product use behaviors are limited.

METHODS:

Participants (N = 38 enrolled; N = 16 compliant) completed three lab visits over 5 days and were asked to abstain from regular cigarettes for 72 hours in favor of ENDS (Smoke 51 TRIO - 3 piece, First Generation with 11 mg/ml filters).

Lab visits included measurement of exhaled carbon monoxide (CO) and salivary cotinine concentration, questionnaire measures of regular cigarette craving after the 72 hour abstinence, and subjective product effects.

Participants used a topography device to record puff volume, duration, flow rate, and inter-puff interval.

RESULTS:

Analyses revealed significant differences across products in puff count, average volume, total volume and inter-puff interval, with ENDS broadly showing a more intensive smoking pattern.

Cigarette craving scores dropped significantly after smoking regular cigarettes, but not ENDS (p = .001), and subjective measures showed ENDS rated less favorably.

CO boost, after ENDS use, decreased significantly (p < .001), and saliva cotinine significantly dropped between visits 1 and 3 (p < 0.001) after ENDS use relative to after cigarette smoking.

For compliant and non-compliant participants, there was an average 82.0% [V1 - 16.1 cpd; V3 - 2.9 cpd] and average 73.9% [V1 - 20.3 cpd; V3 - 5.3 cpd] reduction in regular cigarette use per day during the ENDS trial period, respectively.

CONCLUSIONS:

The ENDS were smoked more intensively than own brand cigarettes, but delivered significantly less nicotine and were less satisfying.

These findings have implications for the viability of certain ENDS as alternatives to cigarettes.