トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




元タバコ喫煙者の電子タバコ使用者の大規模サンプルにおいて電子タバコ依存を評価するためのアンケートの開発。

要約

イントロダクション:

電子タバコはますます人気を得るようになっているが、その潜在的依存性についてはほとんど知られていない。

本研究の目的は、電子タバコ依存を格付け評価し、それを元タバコ喫煙者で電子タバコに切り替えた人々の大規模サンプルにおいて、格付けされたタバコ依存をレトロスペクティブに比較することである。

手法:

3,609人の元タバコ喫煙者である電子タバコ使用者が、電子タバコ使用についての158項目のオンライン調査に答えた。

それらには以前のタバコ依存を評価するためにデザインされた10項目と、現在の電子タバコ依存(格付けは0から20)を評価するためのほぼ同様の10項目が含まれている。

結果:

それら10項目のペンシルバニア州立大学(PS)タバコ依存インデックスは、対応するPS電子タバコ依存インデックスよりも著しく高かった(14.5 v 8.1, p<0.0001)。

多変量解析において、電子タバコをより長期にわたって使用した人はより高い電子タバコ依存度を示し、より進歩的な、タバコよりも大きくて手動ボタンを備えた電子タバコを使用する人も同様だった。

ニコチンを含まないリキッドを使用する人々は、13mg以上/mlのニコチンリキッドを使用する人々よりも著しく低い電子タバコ依存度を示した。

1mg/mlから12mg/mlを使用する人々よりも、さらに著しく低い電子タバコ依存度を示した(p<0.001)。

結論:

現在の電子タバコ使用者は、切り替え前にタバコに依存していたより低い依存度を電子タバコに関して報告した。

電子タバコ依存度は製品特徴、リキッドのニコチン濃度によって多様であり、時間と共に増大する可能性がある。


Development of a questionnaire to assess dependence on electronic cigarettes in a large sample of ex-smoking e-cig users.

Foulds J1, Veldheer S2, Yingst J2, Hrabovsky S2, Wilson SJ3, Nichols TT3, Eissenberg TT4.

Abstract

INTRODUCTION:

Electronic cigarettes (e-cigs) are becoming increasingly popular but little is known about their dependence potential.

This study aimed to assess ratings of dependence on electronic cigarettes and retrospectively compare it with rated dependence on tobacco cigarettes in a large sample of ex-smokers who have switched to e-cigs.

METHODS:

3609 current users of e-cigs who were ex-cigarette smokers completed a 158-item online survey about their e-cig use, including 10 items designed to assess their previous dependence on cigarettes and 10 almost identical items, worded to assess their current dependence on e-cigs (range 0-20).

RESULTS:

Scores on the 10-item Penn State (PS) Cigarette Dependence Index were significantly higher than on the comparable PS Electronic Cigarette Dependence Index (14.5 v 8.1, p<0.0001).

In multivariate analysis, those who had used e-cigs for longer had higher e-cig dependence scores, as did those using more advanced e-cigs that were larger than a cigarette and had a manual button.

Those using zero nicotine liquid had significantly lower e-cig dependence scores than those using 1-12 mg/ml, who scored significantly lower than those using 13 or greater mg/ml nicotine liquid (p<0.001).

CONCLUSIONS:

Current e-cigarette users report being less dependent on e-cigarettes than they retrospectively report having been dependent on cigarettes prior to switching.

E-cig dependence appears to vary by product characteristics, liquid nicotine concentration and may increase over time.