トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




テキサス・ポイズンセンターに報告された電子タバコへの暴露

要約

イントロダクション:

電子タバコ内の液体ニコチン解決策へ暴露されることは、それが高濃度であるため危険である可能性がある。

それが公衆衛生に及ぼす影響についてはほとんど知られていない。

本研究はポイズンセンターに報告された電子タバコへの暴露を説明する。

手法:

テキサス・ポイズンセンターへ報告された2009年から2014年2月までの期間のすべての電子タバコへの暴露が特定された。

電子タバコに加え、他の物質への暴露、および最終的に医療上の結果をもたらさなかった暴露も含められた。

人口統計学的、臨床的要素による暴露分布が特定された。

結果:

合計225の暴露のうち、2つは2009年1月に報告され、6つが2010年に、11が2011年に、43が2012年に、123が2013年に、40が2014年2月までに報告された。

53%(n=119)は5歳を超える個人の間で発生し、41%(n=93)は20歳未満で、さらに6%(n=13)は6から19歳の間で発生した。

15%は女性であった。

暴露経路は78%が経口暴露であった。

暴露の87%が意図しなかったもの、5%が意図的なものであった。

患者自身の住居で発生したものが全体の95%を占めた。

最も頻繁に報告された臨床的影響は嘔吐(20%)であり、吐き気・むかつき (10%), 頭痛 (4%)、眼球刺激 (5%)、めまい (5%)、および無気力・倦怠感(2%)である。

結論:

ポイズンセンターに報告される電子タバコへの暴露の数は増えている。

患者の大部分や幼児である。

最も頻繁に起こる暴露は経口によるものである。

報告された暴露の多くは深刻な結果に至っていない。


Electronic Cigarette Exposures Reported to Texas Poison Centers.

Ordonez JE1, Kleinschmidt KC2, Forrester MB3.

Abstract

INTRODUCTION:

Exposure to the liquid nicotine solutions in electronic cigarettes (e-cigs) may be dangerous because they are highly concentrated.

Little is known about the impact of exposure on public health.

This study describes e-cig exposures reported to poison centers.

METHODS:

All e-cig exposures reported to Texas poison centers during 2009 to February 2014 were identified.

Exposures involving other substances in addition to e-cigs and exposures not followed to a final medical outcome were included.

The distributions of exposures by demographic and clinical factors were determined.

RESULTS:

Of 225 total exposures, 2 were reported in January 2009, 6 in 2010, 11 in 2011, 43 in 2012, 123 in 2013, and 40 through February 2014.

Fifty-three percent (n = 119) occurred among individuals age <5 years old, 41% (n = 93) >20 years old and 6% (n = 13) between 6-19 years.

Fifty percent were female.

The route of exposure was 78% ingestion.

Eighty-seven percent of the exposures were unintentional and 5% intentional.

The exposures occurred at patient's own residence in 95% of the cases.

The clinical effects reported most often were vomiting (20%), nausea (10%), headache (4%), ocular irritation (5%), dizziness (5%), and lethargy (2%).

CONCLUSION:

Electronic cigarettes exposures reported to poison centers are increasing.

Most of the patients are young children.

The exposures most frequently occur through ingestion.

Reported exposures often do not have serious outcomes.