トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




電子タバコによって生成されるカルボニル化合物。

要約

電子タバコはタバコより安全であると宣伝されており、それは電子タバコから吸入される化合物はタバコからのものよりも少なく、毒性が低いと信じられているからである。

それゆえ、世界的な公衆衛生を守り促進することを目的として、電子タバコの継続的で注意深いモニタリングとリスク管理が実施されるべきである。

加えて、基本的な科学データが電子タバコの規制には要求される。

これまで、電子タバコによって生成される多くの有害化合物、とりわけカルボニル化合物、すなわちホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、アクロレイン、およびグリオキサルなど、電子タバコエアロゾルによく含まれるもののことが報告されている。

これらのカルボニル化合物はe-リキッド(電子タバコ内のリキッド;グリセロールおよびグリコール)の酸化に付随して生成され、リキッドが熱せられたニクロム線に接触する際に生じる。

これらの化合物の組成や濃度は、リキッドの種類やバッテリーの電圧により様々である。

(訳者注:電子タバコの場合、リキッドを非現実的なレベルで、高い電圧(V)・高い電力(P)の条件においてカルボニル化合物が多く発生することが、多の文献により証明されている。

電子タバコを通常の電圧で使用する限り、このカルボニル化合物はタバコの10分の一から100分の1の濃度である)いくつかのケースでは、極めて高濃度のカルボニル化合物が生成され、さまざまな健康影響が生じる可能性がある。

サプライヤー、リスクマネジメント団体、および電子タバコユーザーは、この現象に注意するべきである。


Carbonyl compounds generated from electronic cigarettes.

Bekki K1, Uchiyama S2, Ohta K3, Inaba Y4, Nakagome H5, Kunugita N6.

Abstract

Electronic cigarettes (e-cigarettes) are advertised as being safer than tobacco cigarettes products as the chemical compounds inhaled from e-cigarettes are believed to be fewer and less toxic than those from tobacco cigarettes.

Therefore, continuous careful monitoring and risk management of e-cigarettes should be implemented, with the aim of protecting and promoting public health worldwide.

Moreover, basic scientific data are required for the regulation of e-cigarette.

To date, there have been reports of many hazardous chemical compounds generated from e-cigarettes, particularly carbonyl compounds such as formaldehyde, acetaldehyde, Acrolein, and glyoxal, which are often found in e-cigarette aerosols.

These carbonyl compounds are incidentally generated by the oxidation of e-liquid (liquid in e-cigarette; glycerol and glycols) when the liquid comes in contact with the heated nichrome wire.

The compositions and concentrations of these compounds vary depending on the type of e-liquid and the battery voltage.

In some cases, extremely high concentrations of these carbonyl compounds are generated, and may contribute to various health effects.

Suppliers, risk management organizations, and users of e-cigarettes should be aware of this phenomenon.