トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




電子タバコの効果性:6ヶ月間のフォローアップを伴う8週間のフランドル地方での減煙、渇望、経験した益、および不満に関する研究

要約

背景:

減煙は公衆衛生政策に関する重要な問題である。

しかし、伝統的な禁煙セラピーによって得られている禁煙率は落胆させられるほど低く留まっている。

ニコチンの有害な消費を減少させることをねらいとするタバコ・ハーム・リダクション(THR)がより効果的な代替法を提供するかもしれない。

期待の持てるTHRの候補の1つは電子タバコである。

この研究の目的は、ラボ内での激しい渇望の減少という観点、減煙という観点から見た第二世代の電子タバコの効果性、および8ヶ月間の無作為化比較試験(RCT)において経験された益/不満を調査することである。

設計:

3アーム群のRCT。

手法:

禁煙に乗り気でない参加者(N = 48)が無作為に2つの電子タバコグループと1つのコントロールグループに分けられた。

3つのラボセッションの期間(2ヶ月以上)に、 4時間禁煙した参加者が5分間電子タバコを吸い/喫煙し、その後、渇望と禁断症状への影響をモニターした。

eCO(呼気中の一酸化炭素濃度)および唾液中コチニン濃度も測定された。

各ラボセッションの間、電子タバコグループの参加者は電子タバコとタバコのどちらを使用するか自由に選択できたが、コントロールグループはタバコしか使用できなかった。

ラボセッションの後、コントロールグループは電子タバコも受け取った。

RCTはいくつかのアンケートを実施し、タバコの使用における自由裁量の電子タバコ使用の効果、および経験された益/不満を、最後のラボセッションの後6ヶ月を上限として繰り返しモニターした。

結果:

最初のラボセッションから、4時間の禁煙後の電子タバコ使用は喫煙渇望の減少をもたらした。

それはタバコの喫煙と同程度の影響で、eCO(呼気中の一酸化炭素濃度)は影響を受けなかった。

2ヵ月後、電子タバコグループの34%がタバコの喫煙を中止したことが観察されたのに対し、コントロールグループでは0%であった。

5ヶ月後、電子タバコグループは合計禁煙率37%を示し、一方、コントロールグループは電子タバコの使用開始から3ヵ月後に38%の禁煙率を示した。

8ヶ月間の研究の終わりに、電子タバコグループの19%、コントロールグループの25%が完全に喫煙を中止しており、全体で一日の喫煙本数が60%減少したことが観察された(吸引に比較して)。

eCO(呼気中の一酸化炭素濃度)レベルは減少したが、すべてのグループで、どの測定期間においても、コチニンレベルは同じであった。

報告された益は報告された不満をはるかに上回っていた。

結論:

電子タバコに先入観を持たないタバコ喫煙者による一連のコントロールラボセッションにおいて、第二世代の電子タバコは禁煙によって引き起こされるタバコへの渇望や禁断症状の減少に即効性、高効果性を示したが、eCO(呼気中の一酸化炭素濃度)の増加にはつながらなかった。

電子タバコにより特筆すべき(>50 pc)8ヶ月にわたる減煙、もしくは完全な喫煙の中断が、参加者のほぼ半数(44%)によって達成された。


Effectiveness of the electronic cigarette: An eight-week Flemish study with six-month follow-up on smoking reduction, craving and experienced benefits and complaints.

Adriaens K1, Van Gucht D2, Declerck P3, Baeyens F4.

Abstract

BACKGROUND:

Smoking reduction remains a pivotal issue in public health policy, but quit rates obtained with traditional quit-smoking therapies remain disappointingly low.

Tobacco Harm Reduction (THR), aiming at less harmful ways of consuming nicotine, may provide a more effective alternative.

One promising candidate for THR are electronic cigarettes (e-cigs).

The aim of this study was to investigate the efficacy of second-generation e-cigs both in terms of acute craving-reduction in the lab and in terms of smoking reduction and experienced benefits/complaints in an eight-month Randomized Controlled Trial (RCT).

DESIGN:

RCT with three arms.

METHODS:

Participants (N = 48) unwilling to quit smoking were randomized into two e-cig groups and one control group.

During three lab sessions (over two months) participants, who had been abstinent for four hours, vaped/smoked for five minutes, after which we monitored the effect on craving and withdrawal symptoms.

eCO and saliva cotinine levels were also measured.

In between lab sessions, participants in the e-cig groups could use e-cigs or smoke ad libitum, whereas the control group could only smoke.

After the lab sessions, the control group also received an e-cig.

The RCT included several questionnaires, which repeatedly monitored the effect of ad libitum e-cig use on the use of tobacco cigarettes and the experienced benefits/complaints up to six months after the last lab session.

RESULTS:

From the first lab session on, e-cig use after four hours of abstinence resulted in a reduction in cigarette craving which was of the same magnitude as when a cigarette was smoked, while eCO was unaffected.

After two months, we observed that 34% of the e-cig groups had stopped smoking tobacco cigarettes, versus 0% of the control group.

After five months, the e-cig groups demonstrated a total quit-rate of 37%, whereas the control group showed a quit rate of 38% three months after initiating e-cig use.

At the end of the eight-month study, 19% of the e-cig groups and 25% of the control group were totally abstinent from smoking, while an overall reduction of 60% in the number of cigarettes smoked per day was observed (compared to intake).

eCO levels decreased, whereas cotinine levels were the same in all groups at each moment of measurement.

Reported benefits far outweighed the reported complaints.

CONCLUSION:

In a series of controlled lab sessions with e-cig naive tobacco smokers, second generation e-cigs were shown to be immediately and highly effective in reducing abstinence induced cigarette craving and withdrawal symptoms, while not resulting in increases in eCO.

Remarkable (>50 pc) eight-month reductions in, or complete abstinence from tobacco smoking was achieved with the e-cig in almost half (44%) of the participants.