トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




アメリカ合衆国の成人の間での禁煙エリアにおける電子タバコ使用に関する見解、2012年。

要約

イントロダクション:

アメリカ合州国において電子タバコは現在規制されておらず、広く販売され、その使用は急速に増加している。

本研究の目的は公共の禁煙エリアにおける電子タバコの使用に関するアメリカ合衆国の成人の見解を調べることである。

手法:

データはオンライン・ヘルス・スタイル・サーベイによって実施された全国的な代表オンラインパネルの確率サンプルから取得した。

研究にはアメリカ合衆国の成人4,043人が参加し、18歳以上で、次の質問に回答した。

“あなたは、タバコの使用が禁止されている公共エリアで、電子タバコの使用は許可されるべきだと思いますか?”。

禁煙エリアでの電子タバコ使用についての意見が、性別、年齢、人種/民族、世帯収入、教育、居住地域、およびタバコ喫煙状況と電子タバコ意識と使用経験により、多項ロジスティック回帰分析を用いて調査された。

結果:

全体として、成人の約40% が禁煙エリアで電子タバコの使用が許可されるべきかどうか良く分からないと答え、37%が反対し23%は公共の禁煙エリアにおけるその使用に賛成した。

多項ロジスティック回帰分析は、電子タバコを意識し、使用経験があり、また現在タバコを喫煙する成人たちは、あいまいな見解(分からない)を表明した成人よりも “賛成”を表明する可能性が高いことを示した。

結論:

アメリカ合衆国の成人の75%以上が禁煙エリアでの電子タバコの使用にあいまいな見解を持つ、または不賛成であると報告された。

現在タバコを喫煙している人、電子タバコを意識している、もしくは使用経験がある成人は喫煙規制から電子タバコを除外することをより支持する傾向があった。

近い将来の規制や変化する電子タバコ環境により、禁煙エリアでの電子タバコ使用に関する世論の継続的モニタリングと調査が必要である。


Opinions About Electronic Cigarette Use in Smoke-Free Areas Among U.S. Adults, 2012.

Majeed BA1, Dube SR2, Sterling K2, Whitney C2, Eriksen MP2.

Abstract

INTRODUCTION:

In the United States, electronic cigarettes (e-cigarettes) are currently unregulated, extensively marketed, and experiencing a rapid increase in use.

The purpose of this study was to examine the opinions of U.S.

adults about e-cigarette use in smoke-free public areas.

METHODS:

Data were obtained from the online Health Style survey administered to a probability sample of a nationally representative online panel.

The study included 4,043U.S.

adults, aged 18 years or older who responded to this question, "Do you think e-cigarette should be allowed to be used in public areas where tobacco smoking is prohibited?" Multinomial logistic regression analyses were used to examine opinions on e-cigarette use in smoke-free areas by sex, age, race/ethnicity, household income, education, census region, and cigarette smoking status and e-cigarette awareness and ever use.

RESULTS:

Overall, about 40% of adults were uncertain whether e-cigarettes should be allowed in smoke-free areas, 37% opposed, while 23% favored their use in smoke-free public places.

Multinomial logistic regression analyses showed that adults who were aware, ever used e-cigarettes, and current cigarette smokers were more likely to express an "in favor" opinion than adults who expressed an uncertain opinion (don't know).

CONCLUSION:

Over 75% of U.S. adults reported uncertainty or disapproval of the use of e-cigarettes in smoke-free areas.

Current cigarette smokers, adults aware or have ever used e-cigarettes were more supportive to exempting e-cigarettes from smoking restrictions.

With impending regulation and the changing e-cigarette landscape, continued monitoring and research on public opinions about e-cigarette use in smoke-free places are needed.