トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




電子タバコおよびタバコ、無煙タバコおよびニコチン代替セラピー製品の試験管内毒性プロファイルの比較: e-リキッド、抽出物、および収集エアロゾル。

要約

電子タバコの使用は世界中で増加しており、並行してその潜在的有毒性と安全性に関する情報が収集されている。

本研究では、確率されたビトロテストが使用され、特定の商用電子タバコの細胞毒性, 変異原性, 遺伝毒性、および炎症反応を調査し、タバコ、無煙タバコ(STL)製品、およびニコチン代替セラピー(NRT)製品と比較した。

有毒性の評価はe-リキッドとパッド収集された電子タバコのエアロゾル、パッド収集されたタバコの煙凝縮物、およびSTLとNRT製品の抽出物に対して行われた。

すべての分析において、電子タバコおよび収集エアゾルへの暴露は、テストされた用量で、タバコに比較して何ら重大な活動を示さなかった。

電子タバコについての結果は、評価に用いられた2つの風味のニコチン含有の有無に関わらず、すべての分析に非常に類似し、ニコチンと風味の存在を示し、テストのレベルにおいて細胞毒性、遺伝毒性、炎症反応を何ら示さなかった。

本研究結果は電子タバコリキッドも収集エアゾルも、STLおよびNRT製品の抽出物も、4つの広く用いられているビトロテストシステムにおいて有意な細胞毒性を示さないことを示した。

同様のテストにおいて従来型タバコの煙や比較対応する暴露は、顕著な細胞毒性および遺伝毒性を示す。


Comparative in vitro toxicity profile of electronic and tobacco cigarettes, smokeless tobacco and nicotine replacement therapy products: e-liquids, extracts and collected aerosols.

Misra M1, Leverette RD2, Cooper BT3, Bennett MB4, Brown SE5.

Abstract

The use of electronic cigarettes (e-cigs) continues to increase worldwide in parallel with accumulating information on their potential toxicity and safety.

In this study, an in vitro battery of established assays was used to examine the cytotoxicity, mutagenicity, genotoxicity and inflammatory responses of certain commercial e-cigs and compared to tobacco burning cigarettes, smokeless tobacco (SLT) products and a nicotine replacement therapy (NRT) product.

The toxicity evaluation was performed on e-liquids and pad-collected aerosols of e-cigs, pad-collected smoke condensates of tobacco cigarettes and extracts of SLT and NRT products.

In all assays, exposures with e-cig liquids and collected aerosols, at the doses tested, showed no significant activity when compared to tobacco burning cigarettes.

Results for the e-cigs, with and without nicotine in two evaluated flavor variants, were very similar in all assays, indicating that the presence of nicotine and flavors, at the levels tested, did not induce any cytotoxic, genotoxic or inflammatory effects.

The present findings indicate that neither the e-cig liquids and collected aerosols, nor the extracts of the SLT and NRT products produce any meaningful toxic effects in four widely-applied in vitro test systems, in which the conventional cigarette smoke preparations, at comparable exposures, are markedly cytotoxic and genotoxic.