トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




アメリカ合衆国の若年成人の間における、電子タバコ使用とタバコ喫煙を受け入れる態度の関連

要約

イントロダクション:

電子的ニコチン供給システム(ENDS)の使用、電子タバコを含むは増加している。

懸念されるひとつの点は、これらの製品が若者また若年成人にアピールし、従来型タバコを受け入れて使用することへの潜在的影響である。

手法:

2012−2013ナショナル・アダルト・タバコ・サーベイのデータを使用し、成人18-29歳の一度もタバコ喫煙行動を確立したことのない人々の特性が、電子タバコ使用経験、人口統計学、および他のタバコ製品(無煙タバコ、葉巻、水タバコ、およびタバコ)の使用によって調査された。

多変量のロジスティック回帰が若年成人たちの間での電子タバコの使用とタバコの喫煙との間の関係を調べるため用いられ、近い将来もしくは今後一年以内には喫煙しないとの明確な意思の欠如と定義された。

結果:

これまで一度もタバコの喫煙行動を確立したことのない若年成人 (非加重n = 4,310)の間で、7.9%は電子タバコを試したことがある、また14.6%は、電子タバコを現在使用していると報告された。

電子タバコの使用経験はタバコの喫煙を受け入れることと関係があり、(調整オッズ比 = 2.4; 95% 信頼区間 = 1.7, 3.3)、男性で、年齢が18-24歳、比較的教育を受けていない、そして水タバコの使用経験があるか、従来型のタバコを試した事がある。

結論:

電子タバコおよび他のタバコ製品の使用経験はタバコの喫煙を受け入れることと関係がある。

本研究はこの関連の直接性を評価するものではない。

それゆえ将来の縦方向の研究が長期にわたるタバコ使用行動に光を当て、また若年成人の間での電子タバコの使用と従来型のタバコの使用の間の関係についてのさらなる洞察を与える為に必要である。


Association Between Electronic Cigarette Use and Openness to Cigarette Smoking Among U.S. Young Adults.

Coleman BN1, Apelberg BJ2, Ambrose BK2, Green KM3, Choiniere CJ2, Bunnell R4, King BA4.

Abstract

INTRODUCTION:

Use of electronic nicotine delivery systems (ENDS), including electronic cigarettes (e-cigarettes), is increasing.

One concern is the appeal of these products to youth and young adults and their potential to influence perceptions and use of conventional cigarettes.

METHODS:

Using data from the 2012-2013 National Adult Tobacco Survey, characteristics of adults aged 18-29 who had never established cigarette smoking behavior were examined by ever use of e-cigarettes, demographics, and ever use of other tobacco products (smokeless tobacco, cigars, hookah, and cigarettes).

Multivariate logistic regression was employed to examine the relationship between e-cigarette use and openness to cigarette smoking among young adults, defined as the lack of a firm intention not to smoke soon or in the next year.

RESULTS:

Among young adults who had never established cigarette smoking behavior (unweighted n = 4,310), 7.9% reported having ever tried e-cigarettes-14.6% of whom reported current use of the product.

Ever e-cigarette use was associated with being open to cigarette smoking (adjusted odds ratio = 2.4; 95% confidence interval = 1.7, 3.3), as was being male, aged 18-24, less educated, and having ever used hookah or experimented with conventional cigarettes.

CONCLUSIONS:

Ever use of e-cigarettes, as well as other tobacco products, was associated with being open to cigarette smoking.

This study does not allow us to assess the directionality of this association, so future longitudinal research is needed to illuminate tobacco use behaviors over time, as well as provide additional insight on the relationship between ENDS use and conventional cigarette use among young adult populations.