トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




アメリカ合衆国の成人の間での電子タバコ使用トレンド:喫煙者および非喫煙者双方の間で使用が増加している

要約

目的:

私たちはアメリカ合衆国の成人たちの間での電子タバコの使用についての人口統計学的予測因子、および電子タバコの現在使用者たちの喫煙状態を評価した。

手法:

混合モード調査が代表者たち、アメリカ合衆国の成人の断面サンプルを各4年ごとに得るのに用いられた。

結果:

2010, 2011, 2012, および 2013年のサンプルサイズはそれぞれ 3,240, 3,097, 3,101, および 3,245である。

電子タバコを使用したことのある人の数は1.8%(2010年)から13.0% (2013年)へ増加した。

現在使用は 0.3% から6.8%、p < .001へ増加した。

使用の普及は、すべての人口統計額的グループにおいて著しく増加した。

2013年に若年成人18-24歳(14.2%)の間での現在使用は、他の成人25-44歳(8.6%), 45-64歳 (5.5%), および65歳以上 (1.2%)よりも高かった。

毎日喫煙する人(30.3%) および毎日は喫煙しない人(34.1%)は、以前喫煙していた人 (5.4%)およびタバコ喫煙経験のない人(1.4%) p < .001に比較して現在電子タバコを使用している可能性が最も高かった。

しかしながら、電子タバコを現在使用している人のうち 32.5%は一度もタバコをすったことがない人もしくは以前の喫煙者であった。

(訳者注:ほとんどが以前の喫煙者であり、タバコを一度も吸ったことのない人が電子タバコを使用する割合は少ない)

結論:

過去4年間に、電子タバコを使ったことがある人の数は急速に増大してきた。

使用は若年成人たちの間で、また現在の喫煙者たちの間で最も高かった。

喫煙者たちはこれらの製品を使用する可能性が最も高かったとはいえ、現在使用者のほぼ三分の一は非喫煙者であり、電子タバコが主要なニコチン中毒および、タバコの使用の非標準化に貢献していることを示している。

連邦、州、および地方のレベルで、これらの製品が予防可能な慢性疾患に貢献しないよう規制する必要がある。


Trends in Electronic Cigarette Use Among U.S. Adults: Use is Increasing in Both Smokers and Nonsmokers.

McMillen RC1, Gottlieb MA2, Shaefer RM3, Winickoff JP4, Klein JD3.

Abstract

OBJECTIVES:

We assessed trends in use of electronic cigarettes among U.S. adults, demographic predictors of use, and smoking status of current electronic cigarette users.

METHODS:


Mixed-mode surveys were used to obtain representative, cross-sectional samples of U.S. adults in each of 4 years.

RESULTS:

Sample sizes for 2010, 2011, 2012, and 2013 were 3,240, 3,097, 3,101, and 3,245, respectively.

Ever use of electronic cigarettes increased from 1.8% (2010) to 13.0% (2013), while current use increased from 0.3% to 6.8%, p < .001.

Prevalence of use increased significantly across all demographic groups.

In 2013, current use among young adults 18-24 (14.2%) was higher than adults 25-44 (8.6%), 45-64 (5.5%), and 65+ (1.2%).

Daily smokers (30.3%) and nondaily smokers (34.1%) were the most likely to currently use e-cigarettes, compared to former smokers (5.4%) and never-smokers (1.4%), p < .001.

However, 32.5% of current electronic cigarette users are never- or former smokers.

CONCLUSIONS:

There has been rapid growth in ever and current electronic cigarette use over the past 4 years.

Use is highest among young adults and current cigarette smokers.

Although smokers are most likely to use these products, almost a third of current users are nonsmokers, suggesting that e-cigarettes contribute to primary nicotine addiction and to renormalization of tobacco use.

Regulatory action is needed at the federal, state, and local levels to ensure that these products do not contribute to preventable chronic disease.