トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




国内3民族の成人の安定した喫煙者サンプルの、タバコ使用、禁煙行動および健康特性

要約

イントロダクション:

本研究は、過去6ヶ月間喫煙パターンを変えなかった喫煙者で過去30日間に電子タバコを使用した人々のタバコ使用、禁煙行動、および健康特性を特徴付ける。

これは電子タバコとタバコの併用が増え続ける場合に重要な部分母集団となるものである。

手法:

研究調査パネルからの参加者たち (N = 2,376) が2012年6月から8月の期間にオンラインで実施された断面調査に回答した。

サンプルは、タバコ喫煙者である参加者たちを人種/民族(黒人、ヒスパニック、およびコーカサス人)および喫煙頻度(毎日かそうでないか)によって同人数が配分された。

参加者全員は過去6ヶ月間に安定した喫煙率を示し、かつ現在禁煙治療を受けていない。

二変量および多変量解析が、電子タバコの現在使用との相関を調べるため用いられた(過去30日間における何らかの使用)。

結果:

電子タバコの現在使用はサンプル合計の9.2パーセント(n = 219) と報告された。

電子タバコの現在使用者たちのうち44パーセントが電子タバコを禁煙法として使用した経験があると報告された。

二変量および多変量解析は、電子タバコの現在使用がより大きなニコチン依存、ポリタバコの並行使用、より多くの過去1年の禁煙の試み、複数の禁煙方法の使用、およびより多くのうつ症状に関連していることを示した。

(訳者注:精神疾患者は健常人よりも喫煙率が非常に高い)人口統計学的変数は電子タバコの現在使用に何ら強い関連を示さなかった。

結論:

本研究は、電子タバコを使用する安定的喫煙者が禁煙を達成する面での困難と関連した特性を持つことを示している。

(訳者注:禁煙に電子タバコを使用しなければ、禁煙はさらに困難となる)これらの各種特性は、禁煙における電子タバコの効果性を調査する際、また将来の電子タバコを用いた喫煙停止の試みを設計する際に考慮されるべきである。


Tobacco Use, Quitting Behavior, and Health Characteristics Among Current Electronic Cigarette Users in a National Tri-Ethnic Adult Stable Smoker Sample.

Pulvers K1, Hayes RB2, Scheuermann TS3, Romero DR4, Emami AS5, Resnicow K6, Olendzki E2, Person SD7, Ahluwalia JS8.

Abstract

INTRODUCTION:

The present study characterizes the tobacco use, quitting behaviors, and health characteristics of cigarette smokers who did not change their smoking pattern over the past 6 months and have used electronic cigarettes (ECs) in the past 30 days.

This is an important subpopulation to characterize if EC dual use with cigarettes continues to grow.

METHODS:

Participants (N = 2,376) from a research survey panel completed an online cross-sectional survey between June and August 2012.

Sampling was stratified to recruit equal numbers of cigarette smoking participants by race/ethnicity (Black, Hispanic, and Caucasian) and smoking frequency (nondaily and daily).

All displayed a stable rate of smoking for the past 6 months and were not currently in treatment.

Bivariate and multivariate analyses were used to examine correlates of current EC use (any use within the past 30 days).

RESULTS:

Current EC use was reported by 9.2% (n = 219) of the total sample.

Of current EC users, 44% reported having used ECs as a quit method.

Bivariate and multivariate analyses showed that current EC use was significantly associated with greater nicotine dependence, concurrent poly-tobacco use, more past-year quit attempts, past use of multiple cessation methods, and more depressive symptoms.

No demographic variables were significantly associated with current EC use.

CONCLUSIONS:

This study suggests that stable smokers who currently use ECs possess characteristics that are associated with difficulty in achieving smoking cessation.

These characteristics should be considered when examining the effectiveness of ECs on cessation and in designing future cessation trials using ECs.