トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




第一、および第二世代の電子タバコ比較:選択の予測因子、喫煙衝動への影響、および禁断症状

要約

ねらい:

(1) 第一、および第二世代の電子タバコ選択の予測因子を推定し、

(2) 第二世代の装置が (i) 喫煙衝動および禁断症状(WS)を減少させるかどうか、および (ii) 積極的な自覚効果が強化されたことと関連があるかどうかを特定する。

設計:

混合影響実験設計。

第一フェーズ:アンケートにより電子タバコの選択理由を評価する。

第二フェーズ:参加者たちは、第一もしくは第二世代の電子タバコ条件にランダムに割当てられる。

喫煙衝動および禁断症状は、喫煙前、および電子タバコを10回吸引した後10分経過した時点で評価する。

状況設定:

イースト・ロンドン大学、イギリス。

参加者:

合計97人の喫煙者(ミーン年齢26、標準偏差8,7、54パーセントが女性)。

測定:

単一アイテムへの喫煙渇望評価尺度を渇望度の評価に、気分と身体症状の評価尺度(MPSS)を禁断症状の評価に使用。

自覚効果には以下が含まれる:満足感、到達感、“喫煙のように感じる”、および“禁煙のために使用するつもりだ”(肯定、または無回答)。

調査結果:

各装置は同数選択されたが、予測変数(性別、年齢、タバコ依存度、電子タバコ使用経験)は選択に無関係であった。

喫煙衝動/禁断症状の基準値のみが、使用10分後の喫煙衝動/禁断症状を予測するものであった(B =0.38; P <0.001 およびB =0.53; P <0.001)。

電子タバコ装置は有意な予測因子ではない。

第二世代の装置を使用した人たちは、満足し、禁煙の試みに使用する可能性が高かった(χ2 = 12.10, P =0.001 およびχ2 = 5.53, P =0.02)。

結論:

第一および第二世代の電子タバコは、禁煙期間中の喫煙衝動を減少させる点で同程度に効果的であるように思われるが、第二世代の装置の方が使用者により満足をもたらすと思われる。


First- versus second-generation electronic cigarettes: predictors of choice and effects on urge to smoke and withdrawal symptoms.

Abstract

AIMS:

To (1) estimate predictors of first- versus second-generation electronic cigarette (e-cigarette) choice;

and (2) determine whether a second-generation device was (i) superior for reducing urge to smoke and withdrawal symptoms (WS) and (ii) associated with enhanced positive subjective effects.

DESIGN:

Mixed-effects experimental design.

Phase 1: reason for e-cigarette choice was assessed via questionnaire.

Phase 2: participants were allocated randomly to first- or second-generation e-cigarette condition.

Urge to smoke and WS were measured before and 10 minutes after taking 10 e-cigarette puffs.

SETTING:

University of East London, UK.

PARTICIPANTS:

A total of 97 smokers (mean age 26; standard deviation 8.7; 54% female).

MEASUREMENTS:

Single-item urge to smoke scale to assess craving and the Mood and Physical Symptoms Scale (MPSS) to assess WS.

Subjective effects included: satisfaction, hit, 'felt like smoking' and 'would use to stop smoking' (yes versus no response).

FINDINGS:

Equal numbers chose each device, but none of the predictor variables (gender, age, tobacco dependence, previous e-cigarette use) accounted for choice.

Only baseline urge to smoke/WS predicted urge to smoke/WS 10 minutes after use (B =0.38; P <0.001 and B =0.53; P <0.001).

E-cigarette device was not a significant predictor.

Those using the second-generation device were more likely to report satisfaction and use in a quit attempt (χ2 = 12.10, P =0.001 and χ2 = 5.53, P =0.02).

CONCLUSIONS:

First- and second-generation electronic cigarettes appear to be similarly effective in reducing urges to smoke during abstinence, but second-generation devices appear to be more satisfying to users.