トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




モンタナ州の成人の間での電子タバコの普及と率先使用の理由、2013年

要約

2013年のモンタナ・アダルト・タバコ・サーベイ(モンタナ州成人タバコ調査)のデータを使用し、電子タバコ使用の普及程度やモンタナ州の成人の間での率先使用を評価した。

成人の10人にひとり以上(11.2%、95%信頼区間[CI]、9.1%-13.2%)が、電子タバコ使用経験があると報告され、1.3% (95% CI、0.7%-1.9%)が現在使用していると報告された。

回答者の大部分は率先使用の理由として、“何か新しいことに挑戦している”(64%)、または“タバコの使用をやめよう、または減らそうとしている”(56%) と報告された。

これら依存性製品の継続的観察が必要である。


Prevalence and reasons for initiating use of electronic cigarettes among adults in Montana, 2013.

Schmidt L1, Reidmohr A2, Harwell TS2, Helgerson SD2.

Abstract

We used data from the 2013 Montana Adult Tobacco Survey to estimate the prevalence of electronic cigarette (e-cigarette) use and reasons for initiation among Montana adults.

More than 1 in 10 (11.2%, 95% confidence interval [CI], 9.1%-13.2%) adults reported ever using e-cigarettes, and 1.3% (95% CI, 0.7%-1.9%) reported current use.

Most respondents reported "trying something new" (64%) or "trying to quit or reduce cigarette use" (56%) as a reason for initiating use.

Ongoing surveillance of these addictive products is needed.