トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




深刻な精神疾患を抱える喫煙者の間での電子タバコ使用

要約

背景:

深刻な精神疾患を抱える喫煙者の間での電子タバコの使用、使用の相関、および喫煙行動の付随的変化を調査した。

手法:

2009年から2013年の期間にサンフランシスコ・ベイエリアにて、精神科緊急入院中の成人喫煙者に調査協力を依頼した(N = 956、依頼した喫煙者の73%が調査に参加)。

基準値として、参加者たちは一日あたり17本(SD=10)のタバコを19年間(SD=14)喫煙してきた。

24%の人々が翌月に禁煙しようとしていた。

18ヶ月間の電子タバコ試用について頻度と相関を、また電子タバコ使用状況による喫煙行動変化を調べた。

調査結果:

電子タバコの使用は全体として11%であり、調査年により、2009年の0%から2013年の25%へと上昇した。

多重ロジスティック回帰により、電子タバコ使用の可能性は、18歳から26歳の参加者、変化の準備および事前熟考比較ステージにいる参加者の間で、調査年を追うごとに著しく増加した。

ヒスパニックの参加者の間では増大しなかった。

基準値において、電子タバコの使用は年齢、精神疾患症状、およびタバコ依存の程度に相関しなかった。

さらに、18ヶ月間の試用において電子タバコの試用は喫煙状態に、また継続的喫煙者の間においては、一日あたりの本数に関連しなかった。

解釈:

深刻な精神疾患を抱える喫煙者の臨床試験において、電子タバコの使用は比較的若年成人やタバコをやめようとしている人々の間で増加した。

電子タバコの使用は喫煙行動の変化に関連しなかった。

調査結果は臨床的関心に値し、さらなる研究を正当とする。


E-cigarette use among smokers with serious mental illness.

Prochaska JJ1, Grana RA2.

Abstract

BACKGROUND:

We examined electronic cigarette (EC) use, correlates of use, and associated changes in smoking behavior among smokers with serious mental illness in a clinical trial.

METHODS:

Adult smokers were recruited during acute psychiatric hospitalization (N = 956, 73% enrollment among approached smokers) in the San Francisco Bay Area between 2009-2013.

At baseline, participants averaged 17 (SD = 10) cigarettes per day for 19 (SD = 14) years; 24% intended to quit smoking in the next month.

Analyses examined frequency and correlates of EC use reported over the 18-month trial and changes in smoking behavior by EC use status.

FINDINGS:

EC use was 11% overall, and by year of enrollment, increased from 0% in 2009 to 25% in 2013.

In multiple logistic regression, the likelihood of EC use was significantly greater with each additional year of recruitment, for those aged 18-26, and for those in the preparation versus precontemplation stage of change, and unlikely among Hispanic participants.

EC use was unrelated to gender, psychiatric diagnosis, and measures of tobacco dependence at baseline.

Further, over the 18-month trial, EC use was not associated with changes in smoking status or, among continued smokers, with reductions in cigarettes per day.

INTERPRETATION:

Within a clinical trial with smokers with serious mental illness, EC use increased over time, particularly among younger adults and those intending to quit tobacco.

EC use was unrelated to changes in smoking.

The findings are of clinical interest and warrant further study.