トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




10カ国における電子タバコの使用意識、試行、および現在使用:ITCプロジェクトの調査結果

要約

背景:

近年、電子タバコはかなりの関心と議論を引き起こしており、それはタバコ規制と公衆衛生に関するものである。

電子タバコの急速な普及は世界的に見られるが、現在、使用意識や使用についてほとんど知られていない。

この文書は、2009年から2013年の期間に10の国々で行われた電子タバコの意識、試用、および現在使用についての自己報告である。

そのうち6カ国では、成人喫煙者の確率サンプルにより電子タバコに関する初のデータを提供する。

手法:

インターナショナル・タバコ・コントロール(ITC)によって10カ国で実施された、現在また過去の成人喫煙者(18歳以上)の確率サンプル断面解析。

調査は、電話、直接面談、あるいはウェブを使用して行われた。

調査用質問は、社会人口学的および喫煙関連の変量、また電子タバコ使用意識、試用、および現在使用に関する質問である。

結果:

データ収集年、および電子タバコの意識程度によって国ごとにかなりの差異が生じている。

(オランダ(2013: 88%), 大韓民国 (2010: 79%), アメリカ合衆国 (2010: 73%), オーストラリア(2013: 66%), マレーシア (2011: 62%), 英国、イギリス (2010: 54%), カナダ (2010: 40%), ブラジル (2013: 35%),メキシコ (2012: 34%), および中国 (2009: 31%))。

電子タバコ使用経験についての自己申告については、(オーストラリア, (20%),マレーシア (19%), オランダ (18%), アメリカ合衆国 (15%), 大韓民国 (11%), 英国 イギリス (10%),メキシコ (4%),カナダ (4%), ブラジル (3%), および中国 (2%))。

さらに現在使用については、(マレーシア (14%), 大韓民国 (7%), オーストラリア (7%), アメリカ合衆国 (6%), 英国 イギリス (4%), オランダ (3%), カナダ (1%),および中国(0.05%))。

結論:

意識、試用、および現在使用についての国ごとの差異は、当該国特有の市場要素、タバコ規制政策および規制(例:電子タバコとニコチンの法的位置)、および電子タバコの意識と試用/使用の軌跡と調査時期の関連によるものである可能性が高い。

これらITCによる調査結果は、世界的な電子タバコの急速な進行と思えるものの早期段階の重要な概略を成す。


Awareness, trial, and current use of electronic cigarettes in 10 countries: Findings from the ITC project.

Gravely S1, Fong GT2, Cummings KM3, Yan M4, Quah AC5, Borland R6, Yong HH7, Hitchman SC8, McNeill A9,Hammond D10, Thrasher JF11, Willemsen MC12, Seo HG13, Jiang Y14, Cavalcante T15, Perez C16, Omar M17, Hummel K18.

Abstract

BACKGROUND:

In recent years, electronic cigarettes (e-cigarettes) have generated considerable interest and debate on the implications for tobacco control and public health.

Although the rapid growth of e-cigarettes is global, at present, little is known about awareness and use.

This paper presents self-reported awareness, trial and current use of e-cigarettes in 10 countries surveyed between 2009 and 2013; for six of these countries, we present the first data on e-cigarettes from probability samples of adult smokers.

METHODS:

A cross-sectional analysis of probability samples of adult (≧ 18 years) current and former smokers participating in the International Tobacco Control (ITC) surveys from 10 countries.

Surveys were administered either via phone, face-to-face interviews, or the web.

Survey questions included sociodemographic and smoking-related variables, and questions about e-cigarette awareness, trial and current use.

RESULTS:

There was considerable cross-country variation by year of data collection and for awareness of e-cigarettes (Netherlands (2013: 88%), Republic of Korea (2010: 79%), United States (2010: 73%), Australia (2013: 66%), Malaysia (2011: 62%), United Kingdom (2010: 54%), Canada (2010: 40%), Brazil (2013: 35%), Mexico (2012: 34%), and China (2009: 31%)), in self-reports of ever having tried e-cigarettes (Australia, (20%), Malaysia (19%), Netherlands (18%), United States (15%), Republic of Korea (11%), United Kingdom (10%), Mexico (4%), Canada (4%), Brazil (3%), and China (2%)), and in current use (Malaysia (14%), Republic of Korea (7%), Australia (7%), United States (6%), United Kingdom (4%), Netherlands (3%), Canada (1%), and China (0.05%)).

CONCLUSIONS:

The cross-country variability in awareness, trial, and current use of e-cigarettes is likely due to a confluence of country-specific market factors, tobacco control policies and regulations (e.g., the legal status of e-cigarettes and nicotine), and the survey timing along the trajectory of e-cigarette awareness and trial/use in each country.

These ITC results constitute an important snapshot of an early stage of what appears to be a rapid progression of global e-cigarette use.