トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




若年成人での電子タバコ使用の普及と関連要因:5年間に亘る3つの研究からの結果

抄録

背景:

過去1か月での電子タバコ使用の普及と関連要因を調べ、2009〜2010年(研究1)、2010〜2011年(研究2)、2013年(研究3)で募集した若年成人の喫煙者の3つの集団において、禁煙チャレンジを支援することを目的とした。

方法:

参加者は若年成人で、過去1か月間に1本以上のタバコを吸った18〜25歳(研究1、N=1987および研究2、N=570)または、1週間に3日以上吸い、かつFacebookを1週間に4日以上使用した者(研究3、N=79)とした。

我々は過去1か月間での電子タバコの使用と、従来のタバコをやめるための電子タバコの使用の両者を検証した。

結果:

過去1か月間の電子タバコの使用の普及度合いは、それぞれ研究2、研究3のグループで高くなった:研究1(6%)、研究2(19%)、研究3(41%)。

多変数分析では、過去1か月間の電子タバコの使用の有意な相関関係が、研究1(男性、OR=2.1、p=.03; 過去1年の禁煙チャレンジOR=1.6、p=.03)および研究2(男性、OR=1.7、p=.03; より若年OR=0.88、p=.05)で特定されたが、研究3では特定されなかった。

さらに、多変数分析では、従来のタバコをやめるための電子タバコの使用の有意な相関関係が、研究1(教育、OR=1.2、p=.02; 起床して30分以内に喫煙、OR=2.8、p=.02; 過去1年間に禁煙チャレンジOR=4.1、p=.02)、および研究3(禁煙希望、OR=1.3、p=.02)で特定されたが、研究2では特定されなかった。

結論:

電子タバコの使用は若年成人、特に男性の間で徐々に一般的になっている。

従来のタバコを禁煙するための電子タバコの使用が、ニコチン中毒や禁煙への興味よりも一般的であると考えられる。


Prevalence and correlates of electronic-cigarette use in young adults: Findings from three studies over five years.

Ramo DE1, Young-Wolff KC2, Prochaska JJ3.

Abstract

BACKGROUND:

We aimed to examine prevalence and correlates of past-month electronic cigarette ("e-cigarette") use and use of e-cigarettes to aid a cessation attempt in three samples of young adult smokers recruited online in 2009-2010 (Study 1), 2010-2011 (Study 2), and 2013 (Study 3).

METHODS:

Participants were young adults aged 18 to 25 who smoked at least one cigarette in the previous month (Study 1, N=1987 and Study 2, N=570) or smoked 3 or more days each week and used Facebook 4 or more days per week (Study 3, N=79).

We examined both past-month e-cigarette use and ever use of e-cigarettes to quit conventional cigarettes.

RESULTS:

Prevalence of past-month use of e-cigarettes was higher in each subsequent study: Study 1 (6%), Study 2 (19%), and Study 3 (41%).

In multivariate analyses, significant correlates of past-month e-cigarette use were identified for Study 1 (male sex OR=2.1, p=.03; past-year quit attempt OR=1.6, p=.03) and Study 2 (male sex, OR=1.7, p=.03; younger age OR=0.88, p=.05), but not Study 3.

In multivariate analyses, significant correlates of ever use of e-cigarette to quit conventional cigarettes were identified for Study 1 (education, OR=1.2, p=.02; smoking within 30min of waking, OR=2.8, p=.02; past year quit attempt OR=4.1, p=.02), and Study 3 (desire to quit smoking, OR=1.3, p=.02), but not Study 2.

CONCLUSIONS:

E-cigarette use is increasingly common among young adults, particularly men.

E-cigarette use for quitting conventional cigarettes appears more common among those more nicotine dependent and interested in quitting.