トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




特定の電子タバコが発する主流煙および受動気体の特徴

抄録

電子タバコは、欧州市場で発売されて以来、人気が高まっている。

それらは製造業者が通常タバコに代わる健康的な商品として販売促進しているが、科学者や公衆衛生の専門家らの間での健康面や室内大気の質への影響に関する論争を巻き起こしており、商品についてのさらなる調査を行い、政策立案者や医療提供者、消費者の判断が正しい科学に基づいていることを保証する必要があることを意味している。

この研究は、30m (3)排出チャンバーを用い、管理された状態の室内環境での「気体」(電子タバコを用いて)の影響力を調査し、特徴付けた。

本研究は、喫煙マシンと適切な喫煙パラメーターを用いて、プロピレングリコール、グリセロール、カルボニルおよびニコチンの排出という観点から、電子タバコの主流煙の組成を決定した。

2種類の電子タバコを用い、異なる2種類の詰替え用液体のベースレシピと、それぞれ異なる3種類のニコチン量を試験した。

詰替え用液体はプロピレングリコール、グリセロール、およびカルボニルの成分および質的に主要なフレーバーで分析した。

電子タバコ使用の健康面での影響は本研究では扱っていない。

本研究で試験した電子タバコが、プロピレングリコール、グリセロール、ニコチン、カルボニル、およびエアロゾル微粒子の源となることが証明された。

暴露レベルは、能動(電子タバコの使用者)および受動(電子タバコの非使用者)「気体」で有意差がある。

喫煙マシンフィルタパッドで凝縮したプロピレングリコールおよびグリセロールの平均量を基に、結果として生じる肺の濃度を推定すると、プロピレングリコールおよびグリセロールでは、それぞれ160および220mgm(-3)の推定肺濃度が得られた。

ニコチン濃度9mgmL (-1)を含む詰替え用液体の気体は、低ニコチン量の通常タバコに匹敵する気体濃縮ニコチン量となった(0.15〜0.2mg)。

チャンバー研究では、ピーク濃度はプロピレングリコールで2200μgm (-3)、グリセロールで136μgm (-3)、ニコチンで0.6μgm (-3)に達した。

カルボニルはチャンバー研究では検出されなかった。

20〜300nmの粒度範囲は喫煙中絶えず上昇し、最終的にピーク濃度7×10(6)粒子(-1)に達した。

さらに、試験した商品は、カートリッジ容器からの漏れのような、デザイン上の欠陥が見つかった。

健康面での電子タバコの長期的影響は未だ不明である。

ゆえに、電子タバコ、喫煙による健康面での影響、詰替え用液体の組成には商品特徴についてのさらなる調査が必要である。

消費者は電子タバコや詰替え用液体の統一された品質や安全性向上からもたらされる利益を享受することになろう。


Characterization of mainstream and passive vapors emitted by selected electronic cigarettes.

Geiss O1, Bianchi I2, Barahona F2, Barrero-Moreno J2.

Abstract

Electronic cigarettes have achieved growing popularity since their introduction onto the European market.

They are promoted by manufacturers as healthier alternatives to tobacco cigarettes, however debate among scientists and public health experts about their possible impact on health and indoor air quality means further research into the product is required to ensure decisions of policymakers, health care providers and consumers are based on sound science.

This study investigated and characterized the impact of 'vaping' (using electronic cigarettes) on indoor environments under controlled conditions using a 30m (3) emission chamber.

The study determined the composition of e-cigarette mainstream vapor in terms of propylene glycol, glycerol, carbonyls and nicotine emissions using a smoking machine with adapted smoking parameters.

Two different base recipes for refill liquids, with three different amounts of nicotine each, were tested using two models of e-cigarettes.

Refill liquids were analyzed on their content of propylene glycol, glycerol, and nicotine and qualitatively on their principal flavorings.

Possible health effects of e-cigarette use are not discussed in this work.

Electronic cigarettes tested in this study proved to be sources for propylene glycol, glycerol, nicotine, carbonyls and aerosol particulates.

The extent of exposure differs significantly for active and passive 'vapers' (users of electronic cigarettes).

Extrapolating from the average amounts of propylene glycol and glycerol condensed on the smoking machine filter pad to the resulting lung-concentration, estimated lung concentrations of 160 and 220mgm(-3) for propylene glycol and glycerol were obtained, respectively.

Vaping refill liquids with nicotine concentrations of 9mgmL (-1) led to vapor condensate nicotine amounts comparable to those of low-nicotine regular cigarettes (0.15-0.2mg).

In chamber studies, peak concentrations of 2200μgm (-3) for propylene glycol, 136μgm (-3) for glycerol and 0.6μgm (-3) for nicotine were reached.

Carbonyls were not detected above the detection limits in chamber studies.

Particles in the size range of 20nm to 300nm constantly increased during vaping activity and reached final peak concentrations of 7×10(6)particles(-1).

Moreover, the tested products showed design flaws such as leakages from the cartridge reservoirs.

Possible long term effects of e-cigarettes on health are not yet known.

E-cigarettes, the impact of vaping on health and the composition of refill liquids require therefore further research into the product characteristics.

The consumers would benefit from harmonized quality and safety improvements of e-cigarettes and refill liquids.