トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




電子タバコの健康面の影響についてのシステマティック・レビュー

抄録

目的:

電子タバコ喫煙による健康面での影響に関する既存の文献をシステマティック・レビューすること

方法:

以下を検索:Pub Med、EMBASE、CINAHL

組入れ基準:2014年8月14日以前に発行された、健康関連トピックを扱うオリジナルの公表文献。

PRISMA勧告に従ったもの。

研究1101件;スクリーニング後関連があったもの271件;94件を適格とした。

結果:

液体/気体の電子タバコの成分を調査した研究76件、副作用の報告書およびヒト・動物の実験研究を含めた。

深刻な方法論的問題が特定された。

34%の文献で、著者らに利益相反があった。

研究では、微細/超微細粒子、有害重金属、発がん性タバコ特異的ニトロサミン、揮発性有機化合物、発がん性カルボニル(中には高濃度のものもあるが大抵は低/微量濃度)、細胞毒性および遺伝子発現変化が見つかった。

その中でも特に懸念されたものは、電子タバコには見出されない化合物、例えばプロピレングリコールである。

実験的研究からは、短時間の暴露後、肺の閉塞が認められた。

短時間の副作用に関する報告書は、選択的バイアスにより不完全なものが多かった。

結論:

多くの方法論的問題、利益相反、比較的少数で小規模な研究、結果の一貫性の欠如や矛盾、さらに長期間の追跡がなされてないことから、電子タバコの安全性について、確固たる結論を出すことはできない。

しかし、これらに危険性がないとは言い難い。


A systematic review of health effects of electronic cigarettes.

Pisinger C1, Dossing M2.

Abstract

OBJECTIVE:

To provide a systematic review of the existing literature on health consequences of vaporing of electronic cigarettes (ECs).

METHODS:

Search in: Pub Med, EMBASE and CINAHL.

Inclusion criteria: Original publications describing a health-related topic, published before 14 August 2014.

PRISMA recommendations were followed.

We identified 1101 studies; 271 relevant after screening; 94 eligible.

RESULTS:

We included 76 studies investigating content of fluid/vapor of ECs, reports on adverse events and human and animal experimental studies.

Serious methodological problems were identified.

In 34% of the articles the authors had a conflict of interest.

Studies found fine/ultrafine particles, harmful metals, carcinogenic tobacco-specific nitrosamines, volatile organic compounds, carcinogenic carbonyls (some in high but most in low/trace concentrations), cytotoxicity and changed gene expression.

Of special concern are compounds not found in CCs, e.g. propylene glycol.

Experimental studies found pulmonary obstruction after short-term exposure.

Reports on short-term adverse events were often flawed by selection bias.

CONCLUSIONS:

Due to many methodological problems, severe conflicts of interest, the relatively few and often small studies, the inconsistencies and contradictions in results, and the lack of long-term follow-up no firm conclusions can be drawn on the safety of ECs.

However, they can hardly be considered harmless.