トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




若者および若年成人での電子タバコ使用経験と中止の理由

抄録

序文:

若者が電子タバコを使用したり、止めたりする理由を理解することは、電子タバコ規制の取り組みへの情報提供を行うために必須である。

方法:

コネチカット州の中学校1校、高校2校、カレッジ2校のフォーカス集団18群(N=127)で、電子タバコの使用経験と中止に関連するテーマを評価した。

その後、中学校2校、高校4校、カレッジ1校(N=1,175)でこれらの特定のテーマを評価すべく調査を実施し、電子タバコの使用経験および/または中止の理由が、学校レベルごと、または禁煙状況ごとに異なるのかどうかを調査した。

結果:

フォーカスグループから、使用経験テーマ(つまり、好奇心、フレーバー、家族/同級生の影響、簡単に手に入る、電子タバコを「クール」でタバコより健康的/良い代替品だとの見方)および中止テーマ(つまり、健康面での心配、興味の喪失、費用がかかる、おいしくない、電子タバコを通常のタバコよりも満足度が低いものだという見方)を割り出した。

調査データから、使用経験の理由の上位は、好奇心(54.4%)、魅力的なフレーバー(43.8%)、同級生の影響(31.6%)であり、中止理由の上位は、興味の喪失(23.6%)、電子タバコが「クールでない」という見方(16.3%)、健康面での心配(12.1%)に関連するものであった。

通常タバコの喫煙者が電子タバコを試すのは、どこでも使用できること、禁煙するためという見識からであり、止めるのは、タバコとしての満足感を得られないためであった。

学校レベルでの相違が認められた。

結論:

若者への電子タバコ使用抑制の取り組みには、電子タバコのフレーバーの制限、使用による健康リスクを強調したメッセージを伝えること、ならびに電子タバコ使用に関する社会的通念を変えることが含まれるべきである。

この結果は本研究の限界に照らして解釈されるべきだ。


Reasons for Electronic Cigarette Experimentation and Discontinuation Among Adolescents and Young Adults.

Kong G1, Morean ME2, Cavallo DA2, Camenga DR3, Krishnan-Sarin S2.

Abstract

INTRODUCTION:

Understanding why young people try and stop electronic cigarette (e-cigarette) use is critical to inform e-cigarette regulatory efforts.

METHODS:

We conducted 18 focus groups (N = 127) in 1 middle school (MS), 2 high schools (HSs), and 2 colleges in Connecticut to assess themes related to e-cigarette experimentation and discontinuation.

We then conducted surveys to evaluate these identified themes in 2 MSs, 4 HSs, and 1 college (N = 1,175) to explore whether reasons for e-cigarette experimentation and/or discontinuation differed by school level or cigarette smoking status.

RESULTS:

From the focus groups, we identified experimentation themes (i.e., curiosity, flavors, family/peer influence, easy access, and perceptions of e-cigarettes as "cool" and as a healthier/better alternative to cigarettes) and discontinuation themes (i.e., health concerns, loss of interest, high cost, bad taste, and view of e-cigarettes as less satisfying than cigarettes).

The survey data showed that the top reasons for experimentation were curiosity (54.4%), appealing flavors (43.8%), and peer influences (31.6%), and the top reasons for discontinuation were responses related to losing interest (23.6%), perceiving e-cigarettes as "uncool" (16.3%), and health concerns (12.1%).

Cigarette smokers tried e-cigarettes because of the perceptions that they can be used anywhere and to quit smoking and discontinued because they were not as satisfying as cigarettes.

School level differences were detected.

CONCLUSIONS:

E-cigarette prevention efforts toward youth should include limiting e-cigarette flavors, communicating messages emphasizing the health risks of use, and changing social norms surrounding the use of e-cigarettes.

The results should be interpreted in light of the limitations of this study.