トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




麻薬依存症喫煙者の電子タバコ知識、考え方、および使用

抄録

麻薬依存症の治療を受ける患者では、喫煙率が米国での普及率の3〜5倍高い。

従来の禁煙戦略はこの集団では効果が薄い。

新しいアプローチが、ハームリダクション(健康被害を予防または軽減させること)法と共に必要とされている。

電子タバコはこのような新しいハームリダクションや禁煙チャンスをもたらすものかもしれないが、麻薬依存症の喫煙者の電子タバコについての知識、それに対する考え方、その使用についてはほとんど知られていない。

本研究に、315名の麻薬依存症の喫煙者が組み込まれ(メタドン164名、ブプレノルフィン151名)、マサチューセッツ州フォールリバーの同じ健康システムで治療が施された。

このサンプルは49.7%が男性、85.1%が非ラテン系白人であった。

全体の98.7%が電子タバコについて聞いたことがあり、73.0%はこれまでに電子タバコを使ったことがあり、33.8%が過去30日以内に電子タバコを使ったことがあった。

最も高かった使用理由は、好奇心(41.4%)とニコチンを止めるため(26.0%)であった。

麻薬中毒者の喫煙者の中で、これまで電子タバコを使用したことがあり、かつ過去1か月間で使用したことのある者の割合は、最近の一般集団調査で示された割合よりも大幅に高かった。

電子タバコは禁煙に用いられているが、禁煙ツールとしての利用をどのように最大限活かすことができるかについては、定まっていない。

電子タバコを、この脆弱で治療が難しい集団との禁煙についての話し合いの一部とすべきである。


E-cigarette knowledge, attitudes, and use in opioid dependent smokers.

Stein MD1, Caviness CM2, Grimone K2, Audet D2, Borges A2, Anderson BJ2.

Abstract

Individuals in treatment for opioid dependence have smoking rates 3-5 times greater than the U.S. prevalence rate.

Traditional smoking cessation strategies have been ineffective in this population.

Novel approaches are needed as well as harm reduction avenues.

E-cigarettes (e-cigs) may provide such a novel harm reduction and cessation opportunity, but little is known about the knowledge of, attitudes about, and usage of e-cigs in opioid dependent smokers.

The current study enrolled 315 opioid dependent smokers (164 methadone, 151 buprenorphine), treated in the same health system in Fall River, Massachusetts.

The sample was 49.7% male and 85.1% non-Latino White.

Overall 98.7% had heard of e-cigs, 73.0% had ever tried e-cigs, and 33.8% had used e-cigs in the past 30days.

The most common reasons for use were curiosity (41.4%) and to quit all nicotine (26.0%).

The proportion of opioid dependent smokers that had ever tried e-cigs and used them in the past month was substantially greater than that found in recent general population surveys.

While e-cigs have been used to quit smoking, how to optimize their utility as a cessation tool remains undefined.

E-cigs should be a part of smoking cessation discussions with this vulnerable, difficult-to-treat population.