トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




入院喫煙者である黒人と白人との間での電子タバコに対する認識、使用履歴、広告接触における違い

要約

ここ10年くらいの間で、電子タバコの使用が急速に広まっている。

この製品について規制が限定されており、電子タバコの使用および広告についての懸念が増している。

本横断的研究は、2012年12月から2013年9月まで毎月募集された入院喫煙者(N=944)コホートを基準に収集されたデータについて報告している。

実験参加者は、電子タバコへの認識や利用、過去6ヶ月間に接触した電子タバコの広告数や広告元について質問を受けた 。

ほとんどの白人(99%)は、黒人の96%と比較して、これまでに電子タバコに関する話を聞いたことがあると報告した(P < 0.001)。

白人の3分の2以上(64%)は、黒人の30%と比較して、これまでに電子タバコを使用したことがあると報告した(P<0.001)。

両人種のグループの電子タバコの使用が月平均で13%増加するという、明らかな傾向があり(p<0.005)、過去6ヶ月間に報告された電子タバコの広告の接触は、毎月14%増えていた(p<0.0001)。

白人の方が、黒人よりも56%多く、広告接触を報告した(平均=1カ月目25対8、9カ月目79対45、P<0.0001)。

黒人の方が明らかに、広告接触が電子タバコの使用と関連していた(P<0.001)。

白人は店舗やインターネットの広告接触をより多く報告し、黒人はラジオやテレビの広告接触をより多く報告した。

電子タバコのマーケティングは結果的に、電子タバコの使用に関して、白人に「追いついて」いる黒人層に浸透し始めたという結果を示している。

黒人と白人との間でタバコ喫煙関連の疾病罹患率および死亡率に明らかな差があることを考えると、これらの知見は、今後の調査と政策において新たな分野が存在することを示している。


Differences in Electronic Cigarette Awareness, Use History, and Advertisement Exposure Between Black and White Hospitalized Cigarette Smokers.

Baumann AW1, Kohler C, Kim YI, Cheong J, Hendricks P, Bailey WC, Harrington KF.

Abstract

E-cigarette use has increased rapidly over the past decade.

There is growing concern about e-cigarette use and advertising given limited regulation of these products.

This cross-sectional study reports on data collected at baseline from hospitalized cigarette smokers (N = 944) recruited in monthly cohorts between December 2012 and September 2013.

Participants were queried regarding e-cigarette awareness and use, and number and sources of e-cigarette advertisement exposures in the previous 6 months.

Most Whites (99 %) reported ever hearing of an e-cigarette compared to 96 % of Blacks (p < 0.001).

Over two thirds (64 %) of Whites reported ever using an e-cigarette compared to 30 % of Blacks (p < 0.001).

There were significant trends in increasing e-cigarette use for both racial groups with an average increase of 13 % each month (p < 0.005) and in increasing e-cigarette advertisement exposure reported for the previous 6 months, with a 14 % increase each month (p < 0.0001).

Whites reported 56 % greater advertisement exposure than Blacks (mean = 25 vs. 8 in month 1 to 79 vs. 45 in month 9, respectively; p < 0.0001).

For Blacks, advertisement exposure was significantly associated with e-cigarette use (p < 0.001).

Whites reported more advertisement exposure from stores and the Internet, and Blacks reported more advertisement exposure from radio or television.

Results suggest that e-cigarette marketing is beginning to breach the Black population who are, as a consequence, "catching up" with Whites with regard to e-cigarette use.

Given the significant disparities for smoking-related morbidity and mortality between Blacks and Whites, these findings identify new areas for future research and policy.