トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




未成年者への販売、屋内での電子ニコチン送達システム使用を禁止する州法-2014年11月、米国

要約

電子タバコやその他装置(電子キセル、電子葉巻、ヴェープペン(vape pen)など)を含む電子ニコチン送達システム(ENDS(電子タバコ))は、バッテリー駆動の装置で、ニコチンや添加剤を噴霧状にして使用者へ送達することが可能である。

電子タバコでの実験および現在の電子タバコ使用は、米国の青少年や成人の間で急激に増えている。

青少年がENDS(電子タバコ)を入手したり使用することは、思春期の脳の発達におけるニコチンの潜在的な悪影響を考えると、特に懸念される。

加えて、公共の屋内空間でENDS(電子タバコ)を使用すると、周辺にいる人(子ども、妊婦、その他タバコ非使用者)が受動的に、ニコチンやその他有害な可能性のある成分の曝露を受ける可能性がある。

ENDS(電子タバコ)の使用は、タバコの使用を標準化したり、禁煙政策の施行を複雑にする可能性がある。

州政府は、非使用者が知らないうちに二次噴霧にさらされる可能性がある公共の屋内空間でのENDS(電子タバコ)の販売と使用を、規制することができる。

ENDS(電子タバコ)の販売と使用を規制している州法の現状を知るために、CDCは、未成年者へのENDS(電子タバコ)の販売を禁止している州法、および民間の職場やレストラン、バーなど従来からある喫煙禁止の屋内空間におけるENDS(電子タバコ)の使用を含む法律を評価した。

その調査結果によると、2014年11月30日の時点で、40州が未成年者へのENDS(電子タバコ)の販売を禁止していたが、民間の職場、レストラン、バーなどでENDS(電子タバコ)の使用を禁止しているのは、わずか3州であることが分かった。

未成年者へのENDS(電子タバコ)の販売を禁止している40州の内21州は、民間の職場、レストラン、バーなどでENDS(電子タバコ)の使用や従来の喫煙を禁止していなかった。

3州では、未成年者へのENDS(電子タバコ)の販売や、民間の職場、レストラン、バーなどでのENDS(電子タバコ)の使用や従来の喫煙を禁止する州法がなかった。

公衆衛生局長官によると、ENDS(電子タバコ)は公衆衛生において危害とメリットの両方の可能性を持っているそうである。

ENDS(電子タバコ)が公衆衛生上のメリットとなる可能性があるとすれば、以下に絞られるだろう。

1)現在の喫煙者が燃焼タイプのタバコ製品から完全に切り替えるために、これら装置を使用し、 2)燃焼タイプのタバコ製品の利用可能性や使用が、急激に減少する場合である。

したがって、ENDS(電子タバコ)に関連する潜在的な公衆衛生上の危害に取り組む際、可燃タバコの使用を妨げたり減少させたりするため、公衆衛生局長官によって見出された戦略(タバコ価格の上昇、包括的な禁煙法、インパクトのあるメディアキャンペーン、バリアフリーな禁煙治療やサービス、包括的な州全体のタバコ規制プログラムなど)を、維持しかつ同時に加速させることが重要である。


State laws prohibiting sales to minors and indoor use of electronic nicotine delivery systems - United States, November 2014.

Marynak K, Holmes CB, King BA, Promoff G, Bunnell R, McAfee T.

Abstract

Electronic nicotine delivery systems (ENDS), including electronic cigarettes (e-cigarettes) and other devices such as electronic hookahs, electronic cigars, and vape pens, are battery-powered devices capable of delivering aerosolized nicotine and additives to the user.

Experimentation with and current use of e-cigarettes has risen sharply among youths and adults in the United States.

Youth access to and use of ENDS is of particular concern given the potential adverse effects of nicotine on adolescent brain development.

Additionally, ENDS use in public indoor areas might passively expose bystanders (e.g., children, pregnant women, and other nontobacco users) to nicotine and other potentially harmful constituents.

ENDS use could have the potential to renormalize tobacco use and complicate enforcement of smoke-free policies.

State governments can regulate the sales of ENDS and their use in indoor areas where nonusers might be involuntarily exposed to secondhand aerosol.

To learn the current status of state laws regulating the sales and use of ENDS, CDC assessed state laws that prohibit ENDS sales to minors and laws that include ENDS use in conventional smoking prohibitions in indoor areas of private worksites, restaurants, and bars.

Findings indicate that as of November 30, 2014, 40 states prohibited ENDS sales to minors, but only three states prohibited ENDS use in private worksites, restaurants, and bars.

Of the 40 states that prohibited ENDS sales to minors, 21 did not prohibit ENDS use or conventional smoking in private worksites, restaurants, and bars.

Three states had no statewide laws prohibiting ENDS sales to minors and no statewide laws prohibiting ENDS use or conventional smoking in private worksites, restaurants, and bars.

According to the Surgeon General, ENDS have the potential for public health harm or public health benefit.

The possibility of public health benefit from ENDS could arise only if 1) current smokers use these devices to switch completely from combustible tobacco products and 2) the availability and use of combustible tobacco products are rapidly reduced.

Therefore, when addressing potential public health harms associated with ENDS, it is important to simultaneously uphold and accelerate strategies found by the Surgeon General to prevent and reduce combustible tobacco use, including tobacco price increases, comprehensive smoke-free laws, high-impact media campaigns, barrier-free cessation treatment and services, and comprehensive statewide tobacco control programs.