トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




青年期において電子タバコを単独で使用した場合と、電子タバコと従来のタバコを二重使用した場合の危険因子

要約

目的:

青年期における電子タバコ使用と従来のタバコ使用を説明し、喫煙における危険因子を確立しているのはどちらかを判断することは、使用者のカテゴリを区別することになる。

方法:

ハワイの1,941人の高校生(平均年齢14.6歳)を対象にした学校単位の調査、2013年データ収集。

調査は電子タバコや従来のタバコ、アルコール、マリファナの服用、心理社会的リスク、保護的変数(保護者のサポート、学校の関与、喫煙への期待、仲間の喫煙、流行追随など)を評価した。

分散分析と多項回帰分析により、以下のこれまでの利用のカテゴリにおけるリスクおよび保護的変数の変動を調査した:電子タバコのみ、従来のタバコのみ、二重使用(両製品の使用)、非使用者(どちらの製品も使用したことがない)。

結果:

カテゴリの有病率は17%(電子タバコのみ)、12%(二重使用)、3%(従来のタバコのみ)、68%(非使用者)であった。

二重使用者や従来のタバコ単独使用者は、他のグループと比較して、リスク状況(リスク要因については上昇、保護的因子に関しては下降)が最も高かった。

電子タバコ単独使用者は、非使用者よりもリスク状況は高かったが、二重使用者よりは低かった。

電子タバコ単独使用者と二重使用者の多くは、非使用者と比較して、電子タバコの方が従来のタバコよりも健康的だと感じていた。

結論:

この研究では、既存の文献で電子タバコ単独使用による最大の有病率の1つを含む米国の青年期のサンプルを報告している。

二重使用の有病率もまた、相当高かった。

電子タバコ単独使用者が、リスク状況において非使用者と二重使用者の中間だったという事実は、電子タバコは、中程度のリスクを持つ青年期、タバコ製品の使用の影響を受けにくいと思われる青年期以外の層をターゲットにしているという可能性が浮かび上がる。


Risk factors for exclusive e-cigarette use and dual e-cigarette use and tobacco use in adolescents.

Wills TA1, Knight R2, Williams RJ3, Pagano I2, Sargent JD4.

Abstract

OBJECTIVE:

To describe electronic cigarette (e-cigarette) use and cigarette use among adolescents and determine whether established risk factors for smoking discriminate user categories.

METHODS:

School-based survey of 1941 high school students (mean age 14.6 years) in Hawaii; data collected in 2013.

The survey assessed e-cigarette use and cigarette use, alcohol and marijuana use, and psychosocial risk and protective variables (e.g., parental support, academic involvement, smoking expectancies, peer smoking, sensation seeking).

Analysis of variance and multinomial regression examined variation in risk and protective variables across the following categories of ever-use: e-cigarette only, cigarette only, dual use (use of both products), and nonuser (never used either product).

RESULTS:

Prevalence for the categories was 17% (e-cigarettes only), 12% (dual use), 3% (cigarettes only), and 68% (nonusers).

Dual users and cigarette-only users were highest on risk status (elevated on risk factors and lower on protective factors) compared with other groups.

E-cigarette only users were higher on risk status than nonusers but lower than dual users.

E-cigarette only users and dual users more often perceived e-cigarettes as healthier than cigarettes compared with nonusers.

CONCLUSIONS:

This study reports a US adolescent sample with one of the largest prevalence rates of e-cigarette only use in the existing literature.

Dual use also had a substantial prevalence.

The fact that e-cigarette only users were intermediate in risk status between nonusers and dual users raises the possibility that e-cigarettes are recruiting medium-risk adolescents, who otherwise would be less susceptible to tobacco product use.