トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




電子タバコ:治療器具、社会現象、それともビジネスですか?

要約

喫煙は、罹患および死亡の原因として、まず回避すべきものである。

2012年、フランスの喫煙者は約1,400万人で、喫煙の結果毎年7万人死亡していると推定されている。

喫煙が広まるのを効果的に抑えるあらゆる種類の介入は、寿命を延ばすとみなされている。

電子タバコは社会現象であるが、薬理活性物質を供給するシステムでもある。

現在、フランスの数百万人がこの物質を利用しており、重大な問題である。

以上の事実により、電子タバコに関する知識獲得は、医療従事者にとって重要となった。

ほとんどの電子タバコにはニコチンが含まれており、現在、医学文献では、電子ニコチン送達システム(electronic nicotine delivery system、ENDS(電子タバコ))と呼ばれている。

ENDS(電子タバコ)は現時点で、健康製品ではなく消費者向け製品であって、健康な人体にニコチンを送達するもので、幅広く使用されるようになれば、喫煙の広がりを抑えることができる可能性がある。

ただし、規制がないため現時点では、禁煙のための補助としてのENDS(電子タバコ)のリスク/メリットの割合や、悪影響のプロファイルは確立できない。

電子タバコのリスク/メリットの確実な割合を知るために、電子タバコについての知識に基づく証拠を増やすことは、公衆衛生の責任である。


Electronic cigarettes: A therapeutic tool, a social phenomenon or a business?

[Article in French] Berlin I1.

Abstract

Smoking is the first avoidable cause of morbidity and mortality.

It is estimated that there were around 14 million smokers in France in 2012 and that smoking results in 70,000 deaths per year.

All types of interventions reducing with efficacy the incidence and prevalence of smoking are to consider in prolonging life expectancy.

Electronic cigarettes (e.cig.) are a social phenomenon but they also are a system delivering pharmacologically active substances; their use concerns today several millions of individuals in France.

By this fact, it became important for clinical practitioners to acquire some knowledge about e. cig.

Most of the e.cig. contains nicotine, thus, e.cig. are now called in the medical literature as electronic nicotine delivery system (ENDS(電子タバコ)).

It is highly plausible that ENDS(電子タバコ), which are, as of today, consumer products and not health products, deliver nicotine with a good bioavailability and could, if largely used, help to reduce smoking prevalence.

However, because of current lack of regulations, as of today, the risk/benefit ratio of ENDS(電子タバコ) as an aid to help smokers quit and their adverse effect profile cannot be established.

It is of public health responsibility to promote evidence based knowledge about e.cig. to know with confidence their risk/benefit ratio.