トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




ウェールズ州の10歳から11歳の非喫煙者における電子タバコの使用および喫煙の意図

要約

背景:

電子タバコは、禁煙装置として効果的に使用した場合、一部では害を軽減する可能性があると考えられている。

しかし、若者の間で電子タバコ使用増大が世界的にも明らかになっており、喫煙増加につながるのではないかと懸念されている。

英国では、非喫煙児童における電子タバコの広がりや、喫煙意志との関連性はほとんど調査されていない。

方法:

ウェールズ州の児童6人(10歳と11歳)の横断的調査。

児童約1,500人が電子タバコの使用、親や仲間の喫煙、喫煙意志に関する質問に答えた。

非喫煙児童のロジスティック回帰による分析は、学校レベルのクラスター調整済みで、喫煙の平均的な環境と電子タバコ使用との関連性、今後2年以内に喫煙する意志と電子タバコ使用との関連性を調査した。

結果:

6年性の児童の約6%(非喫煙者5%含む)は、電子タバコ使用の経験があると報告した。

喫煙も電子タバコの使用もしない児童と比較して、親がタバコと電子タバコの両方を使用している場合、児童も電子タバコの経験があるという確率が非常に高かった(OR=3.40; 95% CI 1.73 to 6.69)。

電子タバコ使用の経験は、喫煙意志と関連性があった(OR=3.21; 95% CI 1.66 to 6.23)。

2年以内に喫煙するだろうと報告した児童はほとんどいない一方、電子タバコの経験がある児童では、2年以内に絶対に喫煙しないと報告する傾向が低くなり、喫煙するかもしれないと報告する傾向が高くなった。

結論:

電子タバコは、ニコチンを用いた子どもへの新しい形態の実験である。

調査結果は、親や仲間の喫煙行為を真似て児童が電子タバコを使用したり、電子タバコを使用すると禁煙意志が弱まることに関連しているという仮説と一致している。


E-cigarette use and intentions to smoke among 10-11-year-old never-smokers in Wales.

Moore GF1, Littlecott HJ1, Moore L2, Ahmed N1, Holliday J1.

Abstract

BACKGROUND:

E-cigarettes are seen by some as offering harm reduction potential, where used effectively as smoking cessation devices.

However, there is emerging international evidence of growing use among young people, amid concerns that this may increase tobacco uptake.

Few UK studies examine the prevalence of e-cigarette use in non-smoking children or associations with intentions to smoke.


METHODS:

A cross-sectional survey of year 6 (10-11-year-old) children in Wales.

Approximately 1500 children completed questions on e-cigarette use, parental and peer smoking, and intentions to smoke.

Logistic regression analyses among never smoking children, adjusted for school-level clustering, examined associations of smoking norms with e-cigarette use, and of e-cigarette use with intentions to smoke tobacco within the next 2 years.

RESULTS:

Approximately 6% of year 6 children, including 5% of never smokers, reported having used an e-cigarette.

By comparison to children whose parents neither smoked nor used e-cigarettes, children were most likely to have used an e-cigarette if parents used both tobacco and e-cigarettes (OR=3.40; 95% CI 1.73 to 6.69).

Having used an e-cigarette was associated with intentions to smoke (OR=3.21; 95% CI 1.66 to 6.23).

While few children reported that they would smoke in 2 years' time, children who had used an e-cigarette were less likely to report that they definitely would not smoke tobacco in 2 years' time and were more likely to say that they might.

CONCLUSIONS:

E-cigarettes represent a new form of childhood experimentation with nicotine.

Findings are consistent with a hypothesis that children use e-cigarettes to imitate parental and peer smoking behaviors, and that e-cigarette use is associated with weaker antismoking intentions.