トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧




電子タバコと禁煙: 禁煙治療中の喫煙者に関するオンライン調査データにおける二次分析による実態と警告

要旨

背景:

電子タバコの使用と禁煙に関する観察的研究によって示された知見を基に両者の関係を明確化するのは複雑かつ困難な作業である。

本研究では、2通りの分析手法を用いて、観測データ分析に関して頻発する課題について解説し、測定に関する課題に焦点を当て、電子タバコの使用と禁煙の関連性について報告する。

方法:

データは継続中のウェブベースによる禁煙トライアルから抽出された。

サンプルは、3ヶ月間の追跡データを含む2,123名の参加者から構成される。

複雑化を避けるために、エントロピーバランスを含むロジスティック回帰モデルおよび含まないモデルを適応し、電子タバコの使用と30日間の禁煙の関連性の評価を行なった。

結果:

追跡調査によると、31.7%の参加者が電子タバコの使用により、過去3ヶ月以内の禁煙を報告している。

電子タバコ使用者における、一日の喫煙本数やファガストロームテストの点数、前年の禁煙の試み、禁煙のための電子タバコの使用歴などを含む基本的特性は、非使用者と異なっていた。

追跡調査によると、電子タバコ使用者は、禁煙のために電子タバコを使用しなかった喫煙者と比較して、禁煙を試みた回数が多く、禁煙補助製品をより多く使用していた。

基本的特性の調整後における電子タバコの使用と禁煙の関連性は示されなかった。

一方で、3ヶ月後におけるその他の禁煙補助による追加調整を行なっても有意な関連性は示されなかった。

結論:

本研究において評価された電子タバコの使用と禁煙の関連性の振り幅および有意性は、解析手法に依存した。

観察的研究において、有効性を示す上では複合的な解析手法を採用する必要がある。

今後の研究では、電子タバコの使用動機や使用頻度、その他の禁煙補助製品の併用の有無なども考慮する必要があろう。


E-Cigarettes and Smoking Cessation: Insights and Cautions From a Secondary Analysis of Data From a Study of Online Treatment-Seeking Smokers.

Pearson JL1, Stanton CA2, Cha S3, Niaura RS2, Luta G4, Graham AL2.

Abstract

BACKGROUND:

Evidence from observational studies regarding the association between electronic cigarette (e-cigarette) use and cessation is mixed and difficult to interpret.

Utilizing 2 analytic methods, this study illustrates challenges common in analyses of observational data, highlights measurement challenges, and reports associations between e-cigarette use and smoking cessation.

METHODS:

Data were drawn from an ongoing web-based smoking cessation trial.

The sample was comprised of 2,123 participants with complete 3-month follow-up data.

Logistic regression models with and without entropy balancing to control for confounds were conducted to evaluate the association between e-cigarette use and 30-day cigarette smoking abstinence.

RESULTS:

At follow-up, 31.7% of participants reported using e-cigarettes to quit in the past 3 months.

E-cigarette users differed from nonusers on baseline characteristics including cigarettes per day, Fagerstrom score, quit attempt in the past year, and previous use of e-cigarettes to quit.

At follow-up, e-cigarette users made more quit attempts and employed more cessation aids than smokers who did not use e-cigarettes to quit.

E-cigarette use was negatively associated with abstinence after adjustment for baseline characteristics; however, the association was not significant after additional adjustment for use of other cessation aids at 3 months.

CONCLUSIONS:

The magnitude and significance of the estimated association between e-cigarette use and cessation in this study were dependent upon the analytical approach.

Observational studies should employ multiple analytic approaches to address threats to validity.

Future research should employ better measures of patterns of and reasons for e-cigarette use, frequency of e-cigarette use, and concurrent use of cessation aids.