トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧



電子タバコは2本以上の使用がベスト


電子タバコを使い慣れてくると、時々化学臭のような蒸気が出てくることに気がつくようになります。この化学臭の原因は、電子タバココイルの劣化、もしくは電子タバコアトマイザーの温度上昇によるものです。

アトマイザーの温度上昇は致命的であり、有害発がん性物質であるアセトアルデヒド・ホルムアルデヒドが蒸気に混ざって出てきます。(参照:http://www.dentaba-shop.com/article/clm_0005.html

アトマイザーの温度上昇はアトマイザー部分(通常はニコチンリキッドが充填されている部分)を手で触ってやればすぐにわかります。アトマイザーが熱くなっている場合は、その電子タバコでニコチンリキッドを吸うのは禁物です。

しかし、電子タバコを1セットしか持っていない場合、アトマイザーの温度が低下するまでかなりの時間、吸引をストップする必要があります。

こんな時に、電子タバコを2セット以上持っている場合、別の電子タバコでニコチンリキッドを吸引すれば問題は全く起こりません。特に面倒でない方は、ニコチンリキッドの入ったアトマイザーを2個以上持っていれば、アトマイザーを付け替えるだけで上記と同様に問題は起こりません。くれぐれも、化学臭=発がん性物質、であることを忘れないようにご注意ください。