トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中






HANGSEN
Eleaf
FlavourArt
BI-SO
joecig

Kanger Tech


パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧



海外送料ポイント値引きキャンペーン
リキッドのご購入はご注文1件につき4本が上限です。
商品詳細
 

Kangertech CLTANK 4.0 電子タバコ アトマイザー 国内送料無料




商品番号 KGCT4
商品名 Kangertech CLTANK 4.0 電子タバコ アトマイザー 国内送料無料
販売価格 3,280円
メーカー Kanger Technology
送料区分 送料込
配送タイプ 国内発送
在庫
ポイント 0ポイント

在庫状況:
数量:

Kangertech CLTANK 4.0 電子タバコ アトマイザー
商品タイプ
商品タイプ

Kangertech LOGO

新設計、リキッド底蓋を廃したKangerの新シリーズ登場!


アトマイザーを装着したまま上蓋からリキッド補充が可能。


さらにエアフロー調節機構付き、4.0mlタンクの大容量アトマイザーです。

Kangertech CLTANK 4.0 電子タバコ アトマイザー
Kangertech CLTANK キット内容物
CLTANK 4.0 製品仕様

リキッドの充填方法

CLTANKアトマイザーは上蓋にコイルが接続されているため、バッテリーにアトマイザーを接続したまま、リキッドの充填が可能です。

上蓋はチャイルドロック方式のため、取り外しには押し回しが必要です。

以下の要領で上蓋を外し、リキッドを充填して下さい。

(1)リキッドの充填と同じ要領でアトマイザー上蓋を取り外します。

(2)アトマイザーにリキッドを補充します。MAXのラインが上限です。

(3)新しいコイルの場合はリキッドがしみ込むまで(30秒以上)は、発煙ボタンを押さないで下さい。


電子タバコ ボトムコイル式アトマイザー リキッドの充填方法
コイルの交換方法

(1)リキッドの充填と同じ要領でアトマイザー上蓋を取り外します。

(2)コイルを左に回して取り外します。

(3)新しいコイルをしっかりと締めて取り付けます。

(4)コイルのDry Burn(ドライバーン=空焼き)を起こさないよう、アトマイザーにリキッドを補充します。

(5)新しいコイルにリキッドがしみ込むまで(30秒以上)は、発煙ボタンを押さないで下さい。

CLOCCコイルの交換方法図解

Kangertech社からは、空気溜りを回避するため以下のようにリキッドを滴下する方法が推奨されています。

初回使用時にコイルが乾いたまま発熱させてコットンを焦がしてしまう=Dry Burn(ドライバーン)させてしまうと、性能が大きく悪化しますのでご注意下さい。

コイルの交換方法写真
交換用コイル

以下の2種類の共通コイルユニットがご利用いただけます。

CLOCC 交換用コイル
BDCとは

BCCは、Bottom Coil Clearomizer ※ の略で、コイルがボトム(底側)に位置するアトマイザーです。

このうちコイルを2つ使用する低抵抗の強力なものは、BDC(Bottom Dual Coil)と呼ばれます。

※ Bottom Coil Cartomizerと訳される場合もあります。

OCCとは

シリカ繊維を使用したBDCの改良版として登場したのが、コットンを使用した新型コイルがOCC(Organic Cotton Coil)です。

OCCではコイルとリキッド吸収剤の接触面積を大きくとり、コットンを焦がさないようリキッドを潤沢に供給する工夫が施されています。

また有害物質の発生を防ぐため、主に日本製のオーガニックコットンが使用されています。

※ CLOCCは、Kanger社のCLTANKおよびEVOD Pro用に販売されているOCC製品の固有名称です。

トップコイル/アッパーコイル式アトマイザーの特徴
ボトムコイル式アトマイザーの特徴
VOCCコイルユニットの特徴

煙(水蒸気)が多く出る電子タバコ(V=電圧が高いものや、抵抗値の値が小さいもの)を使用する場合は、電源ボタンを押して煙(水蒸気)を出す際に、「ジュワー」、「ジュー」、場合によっては「バチッバチッバチッ」と音がしますが、これが正常であって、音が鳴らない場合は、逆に電池充電切れ、コイルの劣化(コイルは2-4週間で交換が必要です。劣化の一番サインとして、焦げ臭い香りがすることが多いです)しているサインになります。